滋味日日・・いいこと ”お福わけ”

アートで 凝り固まった「先入観」を超えていく

「野球の石 バット」現代アート 石 Contemporary Art 偶偶絵石vol.16

f:id:a31017:20200709040055j:plain
現代アート  偶偶絵石vol.16「野球の石 バット」


 海の底に小さな砂粒が積もってできた「砂岩」です。
 海底でできたあと、隆起して陸(山)になり、たくさんヒビが入りました。そのヒビに地下のマグマから発せられた(もしくはあたためられた地下水の)熱水が染み込んで、その成分が白く結晶したのが、バットの線になっている部分です。
 白い線が入ったあと、崩れて、川に流されて、転がりながら削られて、海に出て波に転がされて削られて、海岸に打ち上げられたとき、ちょうど白い線がバットのような形に残っていました。国内の海岸で拾ったままの無加工の自然石です。
 2億2000万年前にできた石です。8.3×2.7㎝