滋味日日・・いいこと ”お福わけ”

”おもしろい”のカタチ

糸魚川紋様石vol.39「真実は世界を広げる ハヤブサ石」奇石という奇跡

f:id:a31017:20210718024046j:plain
糸魚川紋様石39ハヤブサ

糸魚川紋様石
石が描く世界は 延延
【真実は世界を広げる ハヤブサ石】
 この石も、糸魚川紋様石vol.35~38と同じ石。37の鶴の紋様を90度左に倒して90度左に回転させた・・・鶴の足が、ハヤブサの頭の輪郭になっているのがわかるだろうか。
 ハヤブサが急降下する速度は、鳥類最速の300キロ台。精悍なまなざしはダテじゃない。無駄を排した”頭部の丸み”も、全ては高速を実現させるための構造かと納得させてくれる。
 ピンポイントの獲物めがけてぶれずに進む姿をリスペクトするからか、小惑星探査機「はやぶさ」、東北新幹線北海道新幹線はやぶさ」・・・


 ところで、ひとつ前のブログ38「鵜石」でも触れた通り、鳥類のDNA解析が進んだ結果、2012年に鳥類の分類は、DNA解析をもとに再分類され、それまでの分類が大改訂された。
 ハヤブサは、2012年より前は、見たままのたくましい姿から、ワシやタカたちと近いものとしてくくられていた。
 ところが、
DNA解析された結果、鳥類の分類を系統樹で確認してみると、ハヤブサ(Folcons ハヤブサ目 ハヤブサ科 ハヤブサ属)は、インコ(Parrots インコ目 インコ科)や、スズメ(スズメ目 スズメ科 スズメ属)に近い類縁関係あることがわかる。
 今まで同類と思っていた
ワシやタカというタカ目タカ科の方が、類縁関係で見ると遠い。
 ハヤブサは、インコやスズメに近い鳥・・・空気抵抗の少ない翼の形状に特徴が表れているのだと言うけれど、高速機器と思っていた空気抵抗の少ないであろう頭部形状の丸みは、インコやスズメの愛らしい頭部と無関係じゃない?ということ?


 真実は「意外」。だけど、真実は「真実」。
 真実を知って気付くこと、それは、それまで ”真実でもないことにいかに思考が縛られていたか” ということ。
 真実を一つ知って、一つ思考の呪縛がとかれる
 知って、広がる



 糸魚川ラベンダービーチで拾ったまま、描いても削っても磨いてもいない無加工の自然の紋様石(奇石)。
 地球の歴史が記された糸魚川紋様石(奇石)。
 それは”奇石”という名の”奇跡”だから・・・

 ラベンダービーチを埋め尽”くす何億・何十億個の小石に、こんな模様・紋様が隠れている。
 地球が何かを意図してつくり出した紋様石じゃないから、”何”を見つけ出すかは、”その人次第”
 ”あなた”が見い出した模様・紋様には、きっと”あなた”があらわれている。探す人が多ければ多いほど、たくさんの模様・紋様が見つかるから、みんなで探したらもっと楽しい

糸魚川紋様石】
 糸魚川フォッサマグナで有名です。日本で、世界で、有数の地殻変動がさかんなところだから、海岸を埋め尽くす小石の多くに個性的な模様や紋様があります。紋様をつくり出したのは、火山噴火や地殻変動やマグマや熱水の上昇と、何千万年という長い時間。つまり小石の模様は、地球の息づかいの痕跡地球の歴史
 石の模様・紋様から、これができたプロセス(過程)をさかのぼって推理する地理・地学はワクワクする
 天然石・自然石に向きあって想いをめぐらす観賞石文化は、想いの尽きる事がない豊かな無限の遊びです。

【石を拾った場所】
 新潟県糸魚川市えちごトキめき鉄道青梅駅」から1㎞のラベンダービーチ。ラベンダー色の翡翠が拾えるので、こんなロマンチックな名前がついています。駅と海岸の間にセブンイレブンがあって、海岸横に海岸利用者用の公衆トイレもあるので、安心して海岸散策と石拾いができます。
糸魚川紋様石をさがすには】
 鉱物の知識や、山登り・秘境探検のスキルがなくても大丈夫。
 必要なスキルはたった一つだけ。それは見立てにとどまらない想像力”。 必要なスキルは ”想像力” だけ
【by tamatama7373(たまたまなみなみ)】
 ブログ左のカテゴリーにある「偶偶石(たまたまいし)」「偶偶絵石(たまたまえいし)」もすべて糸魚川紋様石です。 

 

糸魚川紋様石vol.38「鵜呑みにしない 鵜石」奇石という奇跡

f:id:a31017:20210718023905j:plain
糸魚川紋様石38鵜

糸魚川紋様石
石が描く世界は 転転
【鵜呑みにしない 鵜石】
 この石は3つ前のブログ記事の「カツオドリ」、2つ前の「古代エジプトのセクメト」、ひとつ前の「鶴」と同じ紋様石。
 鶴を60度傾けて、足が見えないくらいクチバシ側からながめると、”飛翔する鵜”になります。
 魚を丸呑みして、そのまま吐き出す特性は、古代から世界中で漁法として利用されてきました。
 日本には、縄文時代に伝わったと言われています。


 「鵜」という字は、中国でペリカンをあらわす言葉なのだとか。
 図書館の鳥類図鑑で
「鵜」のページを見ると、ペリカン目 ウ科 ウ属」なるほど、魚を丸呑みにするものね・・・!?と、鵜呑みにしてはいけません。


 今までは見た目などを重視して鳥類が分類されていました。それが近年DNAをもとに再調査し見直し、2012年に鳥類の分類が大改訂されました。
 その結果、
は、「カツオドリ目 ウ科 ウ属」になり、カツオドリの仲間であることが判明したのです。図書館の図鑑は2012年より前の古い図鑑だったのです。これからは鳥類の分類を見る時、2012年以降の分類による表記か確認しなくちゃと学んだのでした。

 この石の鵜の紋様を、90度右に回転するとカツオドリになるのですから、石の紋様は奥深い。
 ”鵜呑み”には、「噛まずにゴックンのみこむこと」の意と、「よく吟味検討せずに信じて受け入れること」の意があることを、しみじみ心に刻まされる紋様石。
 少し賢くなった気がしてドライブした街中で、「あっ、鵜石の紋様 見っけ!」・・・ツルハドラッグの看板でした。
「”発想”に終わりを設けない」。発想の旅は どこまでも・・・


 糸魚川ラベンダービーチで拾ったまま、描いても削っても磨いてもいない無加工の自然の紋様石(奇石)。
 地球の歴史が記された糸魚川紋様石(奇石)。
 それは”奇石”という名の”奇跡”だから・・・

 ラベンダービーチを埋め尽”くす何億・何十億個の小石に、こんな模様・紋様が隠れている。
 地球が何かを意図してつくり出した紋様石じゃないから、”何”を見つけ出すかは、”その人次第”
 ”あなた”が見い出した模様・紋様には、きっと”あなた”があらわれている。探す人が多ければ多いほど、たくさんの模様・紋様が見つかるから、みんなで探したらもっと楽しい

糸魚川紋様石】
 糸魚川フォッサマグナで有名です。日本で、世界で、有数の地殻変動がさかんなところだから、海岸を埋め尽くす小石の多くに個性的な模様や紋様があります。紋様をつくり出したのは、火山噴火や地殻変動やマグマや熱水の上昇と、何千万年という長い時間。つまり小石の模様は、地球の息づかいの痕跡地球の歴史
 石の模様・紋様から、これができたプロセス(過程)をさかのぼって推理する地理・地学はワクワクする

【石を拾った場所】
 新潟県糸魚川市えちごトキめき鉄道青梅駅」から1㎞のラベンダービーチ。ラベンダー色の翡翠が拾えるので、こんなロマンチックな名前がついています。駅と海岸の間にセブンイレブンがあって、海岸横に海岸利用者用の公衆トイレもあるので、安心して海岸散策と石拾いができます。
糸魚川紋様石をさがすには】
 鉱物の知識や、山登り・秘境探検のスキルがなくても大丈夫。
 必要なスキルはたった一つだけ。それは見立てにとどまらない想像力”。 必要なスキルは ”想像力” だけ
【by tamatama7373(たまたまなみなみ)】
 ブログ左のカテゴリーにある「偶偶石(たまたまいし)」「偶偶絵石(たまたまえいし)」もすべて糸魚川紋様石です。 

糸魚川紋様石vol.37「鶴 そしてフロントライン」軌跡が生む奇石という奇跡

f:id:a31017:20210710204112j:plain
糸魚川紋様石37 鶴

糸魚川紋様石
石が描く世界は すれすれ
【鶴 そしてフロントライン】
 「カツオドリ」上下反転して「セクメト」の紋様石。
 ”こんなに見えた!” は、
まだ ”これだけしか見えていない”。
 90度まわすと「鶴」の紋様。

 カツオドリのくちばしの下が、鶴の首。鶴のくちばしから長い首にかけて、亀裂が入っていて(写真を拡大すると見える)、そこに沿って地中で熱水が染込み、鉄分が紋様を描き出したのでしょう。


 ところで、石にできた ”茶色い鉄分の紋様”。
 これは、つまりフロントライン。”前線”、”最前線”。

 この石の紋様は、いわゆる「前線」だということに気付いていますか?
 たとえば火山が噴火して溶岩が流れ出たとき、溶岩が地表を流れに流れて、どこかで冷えて固まり止まる。
 おなじように、この石がまだ地中の大きな岩盤だった時、地下深くからから、「マグマで熱せられた地下水」や「マグマから発せられた水蒸気」といった「熱水」が、岩盤に染み込みながら上昇してきて、まさに、この紋様の、このラインまで上昇してきて”止まった”ラインなのです。

 ”ここまできて止まった!”
 手のひらに乗る小さな石に、マグマがたぎりうねる地中の壮大な活動の軌跡が刻まれている・・・それを感じると、わくわく、どきどきするのです。
 カツオドリセクメト、鶴・・・いえいえ、
茶色い線が記しているのは、数千万年前に地中で上昇してきた熱水が、「ここまできて止まった」ということ。・・・ここまで ”見えて” いた?


 糸魚川ラベンダービーチで拾ったまま、描いても削っても磨いてもいない無加工の自然の紋様石(奇石)。
 地球の歴史が記された糸魚川紋様石(奇石)。
 それは”奇石”という名の”奇跡”だから・・・

 ラベンダービーチを埋め尽”くす何億・何十億個の小石に、こんな模様・紋様が隠れている。
 地球が何かを意図してつくり出した紋様石じゃないから、”何”を見つけ出すかは、”その人次第”
 ”あなた”が見い出した模様・紋様には、きっと”あなた”があらわれている。探す人が多ければ多いほど、たくさんの模様・紋様が見つかるから、みんなで探したらもっと楽しい

糸魚川紋様石】
 糸魚川フォッサマグナで有名です。日本で、世界で、有数の地殻変動がさかんなところだから、海岸を埋め尽くす小石の多くに個性的な模様や紋様があります。紋様をつくり出したのは、火山噴火や地殻変動やマグマや熱水の上昇と、何千万年という長い時間。つまり小石の模様は、地球の息づかいの痕跡地球の歴史
 石の模様・紋様から、これができたプロセス(過程)をさかのぼって推理する地理・地学はワクワクする

【石を拾った場所】
 新潟県糸魚川市えちごトキめき鉄道青梅駅」から1㎞のラベンダービーチ。ラベンダー色の翡翠が拾えるので、こんなロマンチックな名前がついています。駅と海岸の間にセブンイレブンがあって、海岸横に海岸利用者用の公衆トイレもあるので、安心して海岸散策と石拾いができます。
糸魚川紋様石をさがすには】
 鉱物の知識や、山登り・秘境探検のスキルがなくても大丈夫。
 必要なスキルはたった一つだけ。それは見立てにとどまらない想像力”。 必要なスキルは ”想像力” だけ
【by tamatama7373(たまたまなみなみ)】
 ブログ左のカテゴリーにある「偶偶石(たまたまいし)」「偶偶絵石(たまたまえいし)」もすべて糸魚川紋様石です。  

糸魚川紋様石vol.36「古代エジプトのアマビエ ”セクメト”」奇石という奇跡

f:id:a31017:20210616224252j:plain
糸魚川紋様石36 セクメト

糸魚川紋様石
石が描く世界は 切切
古代エジプトのアマビエ ”セクメト”】
 前回のブログの「カツオドリ」の石を 上下逆に。
 あらわれたのは
セクメトSekhmet。
 セクメト
は、古代エジプトの神話に登場する「ライオンの頭をした女神」だ。(石の紋様の 顎から首にかけてが カツオドリの尾だったところ)
 セクメトSekhmetは、エジプト神話で最高の神である太陽神ラーに使える女神。あるとき、恐れを知らぬ人間たちが、太陽神ラーに歯向かう暴挙に出る。すると、ラーはそれをいさめるためにセクメトをつかわした。大きな力を持つセクメトは、たちまち邪な想いに囚われた人間たちを成敗するが、留まるところを知らないセクメトの成敗は、やがて太陽神ラーによって静められた。
 また、セクメトは、病や疫病から救う神ともされ、医薬を司る職人集団から崇められた。

 2020年9月8日~10月11日まで東京国立博物館東洋館で催されていた「アジアのレジェンド」展では、セクメトの彫像の実物が堂々展示された。展示されたセクメトSekhmetの彫像は、ツタンカーメンの祖父アメンヘデブ3世が、紀元前14世紀頃だから 今から3400年前頃に作らせたもの。
 自然への敬意を失い、傍若無人に振る舞う人間社会に、その傲慢を改めなければいつか鉄槌が下る、と警鐘を鳴らした古代エジプトの物語りは、3400年経った今も、かわることなく繰り返す「人間社会の愚」まで、予言していたのでしょうか。ダメダこりゃ。と心底呆れているでしょうか。
 病から救ってくれる女神というセクメトは、さながら古代エジプト版の「アマビエ」でしょうか。
 ただ、
”セクメトが見つめている病“ は、「医学的な病」だけでなく「人間という病」だということ。


 糸魚川ラベンダービーチで拾ったまま、描いても削っても磨いてもいない無加工の自然の紋様石(奇石)。
 地球の歴史が記された糸魚川紋様石(奇石)。
 それは”奇石”という名の”奇跡”だから・・・

 ラベンダービーチを埋め尽”くす何億・何十億個の小石に、こんな模様・紋様が隠れている。
 地球が何かを意図してつくり出した紋様石じゃないから、”何”を見つけ出すかは、”その人次第”
 ”あなた”が見い出した模様・紋様には、きっと”あなた”があらわれている。探す人が多ければ多いほど、たくさんの模様・紋様が見つかるから、みんなで探したらもっと楽しい

糸魚川紋様石】
 糸魚川フォッサマグナで有名です。日本で、世界で、有数の地殻変動がさかんなところだから、海岸を埋め尽くす小石の多くに個性的な模様や紋様があります。紋様をつくり出したのは、火山噴火や地殻変動やマグマや熱水の上昇と、何千万年という長い時間。つまり小石の模様は、地球の息づかいの痕跡地球の歴史
 石の模様・紋様から、これができたプロセス(過程)をさかのぼって推理する地理・地学はワクワクする

【石を拾った場所】
 新潟県糸魚川市えちごトキめき鉄道青梅駅」から1㎞のラベンダービーチ。ラベンダー色の翡翠が拾えるので、こんなロマンチックな名前がついています。駅と海岸の間にセブンイレブンがあって、海岸横に海岸利用者用の公衆トイレもあるので、安心して海岸散策と石拾いができます。
糸魚川紋様石をさがすには】
 鉱物の知識や、山登り・秘境探検のスキルがなくても大丈夫。
 必要なスキルはたった一つだけ。それは見立てにとどまらない想像力”。 必要なスキルは ”想像力” だけ
【by tamatama7373(たまたまなみなみ)】
 ブログ左のカテゴリーにある「偶偶石(たまたまいし)」「偶偶絵石(たまたまえいし)」もすべて糸魚川紋様石です。

糸魚川紋様石vol.35「カツオドリ そして」奇石という奇跡

f:id:a31017:20210616223920j:plain
糸魚川紋様石35カツオドリ

糸魚川紋様石
石が描く世界は 謎謎
【カツオドリ そして】
 「鰹鳥(カツオドリ)」。
 「勝つ踊り(勝利の舞)」ではないけれど、なんだかいい名前。
 伊豆諸島や南方の海にいて、魚を捕って食べている。
 だから、飛翔してハンティングする姿を見ることはできないのだけれど、街中に結構いる。
 夏になると特に目立つ CHUMS(チャムス)のTシャツ。
 CHUMS(チャムス)は1983年に生まれたファッションブランド。そのブランドマスコットが カツオドリ。Booby Bird。
 夏に街でバードウォッチングしたら 二桁は見つかる。

 ところで、この石には、”もう一つ別のモノがアル”のだけれど、見つけられるかな?

 カツオドリの模様は、石がまだ地中の岩盤だった時に、地下から上昇してきた熱水が染み込んで、熱水の成分だった鉄分が茶色く石を染め、カツオドリは染め残ったもの。くちばしに見えるところに、それより鉄分の成分が薄い熱水が、違う時期に上昇してきて染み込んだのが見える。それが丁度 くちばしらしさを作り出しているのだから、おもしろい。


 糸魚川ラベンダービーチで拾ったまま、描いても削っても磨いてもいない無加工の自然の紋様石(奇石)。
 地球の歴史が記された糸魚川紋様石(奇石)。
 それは”奇石”という名の”奇跡”だから・・・

 ラベンダービーチを埋め尽”くす何億・何十億個の小石に、こんな模様・紋様が隠れている。
 地球が何かを意図してつくり出した紋様石じゃないから、”何”を見つけ出すかは、”その人次第”
 ”あなた”が見い出した模様・紋様には、きっと”あなた”があらわれている。探す人が多ければ多いほど、たくさんの模様・紋様が見つかるから、みんなで探したらもっと楽しい

糸魚川紋様石】
 糸魚川フォッサマグナで有名です。日本で、世界で、有数の地殻変動がさかんなところだから、海岸を埋め尽くす小石の多くに個性的な模様や紋様があります。紋様をつくり出したのは、火山噴火や地殻変動やマグマや熱水の上昇と、何千万年という長い時間。つまり小石の模様は、地球の息づかいの痕跡地球の歴史
 石の模様・紋様から、これができたプロセス(過程)をさかのぼって推理する地理・地学はワクワクする

【石を拾った場所】
 新潟県糸魚川市えちごトキめき鉄道青梅駅」から1㎞のラベンダービーチ。ラベンダー色の翡翠が拾えるので、こんなロマンチックな名前がついています。駅と海岸の間にセブンイレブンがあって、海岸横に海岸利用者用の公衆トイレもあるので、安心して海岸散策と石拾いができます。
糸魚川紋様石をさがすには】
 鉱物の知識や、山登り・秘境探検のスキルがなくても大丈夫。
 必要なスキルはたった一つだけ。それは見立てにとどまらない想像力”。 必要なスキルは ”想像力” だけ
【by tamatama7373(たまたまなみなみ)】
 ブログ左のカテゴリーにある「偶偶石(たまたまいし)」「偶偶絵石(たまたまえいし)」もすべて糸魚川紋様石です。

糸魚川紋様石vol.34「ウツボ石 怖いのは」奇石という奇跡

f:id:a31017:20210522005249j:plain
糸魚川紋様石34ウツボ

糸魚川紋様石
石の描く世界は 恟恟(きょうきょう)
ウツボ石】
 シュノーケリングで、岩から顔だけ出してユラユラしているウツボに出会うのコワイよね。
 でも、かば焼きにして 食べる。
 昆虫や動物や鳥を見て、そういうことはないのだけど、
どうして みんな 「魚」と「きのこ」を見た感想は、
「これ、食べられる?」 なんだろう。
 みんなの ”魚を見る目”・・・なかなかワイルドでコワイ

f:id:a31017:20210522005501j:plain
糸魚川紋様石龍34ウツボ 拡大

 糸魚川ラベンダービーチで拾ったまま、描いても削っても磨いてもいない無加工の自然の紋様石(奇石)。
 地球の歴史が記された糸魚川紋様石(奇石)。
 それは”奇石”という名の”奇跡”だから・・・

 ラベンダービーチを埋め尽”くす何億・何十億個の小石に、こんな模様・紋様が隠れている。
 地球が何かを意図してつくり出した紋様石じゃないから、”何”を見つけ出すかは、”その人次第”
 ”あなた”が見い出した模様・紋様には、きっと”あなた”があらわれている。探す人が多ければ多いほど、たくさんの模様・紋様が見つかるから、みんなで探したらもっと楽しい

糸魚川紋様石】
 糸魚川フォッサマグナで有名です。日本で、世界で、有数の地殻変動がさかんなところだから、海岸を埋め尽くす小石の多くに個性的な模様や紋様があります。紋様をつくり出したのは、火山噴火や地殻変動やマグマや熱水の上昇と、何千万年という長い時間。つまり小石の模様は、地球の息づかいの痕跡地球の歴史
 石の模様・紋様から、これができたプロセス(過程)をさかのぼって推理する地理・地学はワクワクする

【石を拾った場所】
 新潟県糸魚川市えちごトキめき鉄道青梅駅」から1㎞のラベンダービーチ。ラベンダー色の翡翠が拾えるので、こんなロマンチックな名前がついています。駅と海岸の間にセブンイレブンがあって、海岸横に海岸利用者用の公衆トイレもあるので、安心して海岸散策と石拾いができます。
糸魚川紋様石をさがすには】
 鉱物の知識や、山登り・秘境探検のスキルがなくても大丈夫。
 必要なスキルはたった一つだけ。それは見立てにとどまらない想像力”。 必要なスキルは ”想像力” だけ
【by tamatama7373(たまたまなみなみ)】
 ブログ左のカテゴリーにある「偶偶石(たまたまいし)」「偶偶絵石(たまたまえいし)」もすべて糸魚川紋様石です。

糸魚川紋様石vol.33「忘れ物に気付いた魚石」奇石という奇跡

f:id:a31017:20210616223608j:plain
糸魚川紋様石33忘れ物に気付いた魚

糸魚川紋様石
石が描く世界は どきどき
【忘れ物に気付いた魚石】
あっ!・・・って。あるよね。で、
どうする?
私は、「まっ、いいか」って方。



 糸魚川ラベンダービーチで拾ったまま、描いても削っても磨いてもいない無加工の自然の紋様石(奇石)。
 地球の歴史が記された糸魚川紋様石(奇石)。
 それは”奇石”という名の”奇跡”だから・・・

 ラベンダービーチを埋め尽”くす何億・何十億個の小石に、こんな模様・紋様が隠れている。
 地球が何かを意図してつくり出した紋様石じゃないから、”何”を見つけ出すかは、”その人次第”
 ”あなた”が見い出した模様・紋様には、きっと”あなた”があらわれている。探す人が多ければ多いほど、たくさんの模様・紋様が見つかるから、みんなで探したらもっと楽しい

糸魚川紋様石】
 糸魚川フォッサマグナで有名です。日本で、世界で、有数の地殻変動がさかんなところだから、海岸を埋め尽くす小石の多くに個性的な模様や紋様があります。紋様をつくり出したのは、火山噴火や地殻変動やマグマや熱水の上昇と、何千万年という長い時間。つまり小石の模様は、地球の息づかいの痕跡地球の歴史
 石の模様・紋様から、これができたプロセス(過程)をさかのぼって推理する地理・地学はワクワクする

【石を拾った場所】
 新潟県糸魚川市えちごトキめき鉄道青梅駅」から1㎞のラベンダービーチ。ラベンダー色の翡翠が拾えるので、こんなロマンチックな名前がついています。駅と海岸の間にセブンイレブンがあって、海岸横に海岸利用者用の公衆トイレもあるので、安心して海岸散策と石拾いができます。
糸魚川紋様石をさがすには】
 鉱物の知識や、山登り・秘境探検のスキルがなくても大丈夫。
 必要なスキルはたった一つだけ。それは見立てにとどまらない想像力”。 必要なスキルは ”想像力” だけ
【by tamatama7373(たまたまなみなみ)】
 ブログ左のカテゴリーにある「偶偶石(たまたまいし)」「偶偶絵石(たまたまえいし)」もすべて糸魚川紋様石です。