滋味日日 ・・・新潟の空気を ”お福わけ”

はなぱんだHanapandaです。そちらはいかがお過ごしですか? こちらは・・・

現代アート  石「あどけない哲人」 Contemporary Art vol.46

現代アート 偶偶石vol.46「あどけない哲人」現代アート[偶偶石(たまたま石) vol.46] 題名「あどけない哲人」2.5×3.4㎝ 波打ち際から はなれて うららかな陽に あたためられて 海岸で まどろんでいた あどけない哲人 【偶偶石(たまたま石) Imaginary stone…

現代アート  石「定まった心」 Contemporary Art vol.45

現代アート 偶偶石vol.45「定まった心」現代アート[偶偶石(たまたま石) vol.45] 題名「定まった心」5.4×3.6㎝ 始まりは 寡黙。 始まりは 気配を消して。 定まった心は 波を立てずに 流れをしずかに泳ぎ出す。 言葉がなくとも にじみ出す 【偶偶石(たまたま…

現代アート  石「超えてゆく」 Contemporary Art vol.44

現代アート 偶偶石vol.44「超えてゆく」現代アート[偶偶石(たまたま石) vol.44] 題名「超えてゆく」3.3×2.7㎝ 歩いたことのない方に向けて 一歩踏み出す。 経験したことのないものに 手を伸ばす。 幼い頃 誰でも それを繰り返した。 見えない先を見るために…

現代アート  石「立ち向かう者が見る空」 Contemporary Art vol.43

現代アート 偶偶石vol.43「立ち向かう者が見る空」現代アート[偶偶石(たまたま石) vol.43] 題名「立ち向かう者が見る空」4.6×5.3㎝ 台風前の空。 厳しさに立ち向かう者が見る 荘厳な景色 【偶偶石(たまたま石) Imaginary stone・Creative stone 】 ここに…

現代アート  石「好きになるとき」 Contemporary Art vol.42

現代アート 偶偶石vol.42「好きになるとき」現代アート[偶偶石(たまたま石) vol.42] 題名「好きになるとき」3.3×2.7㎝ ”好き” になるとき。 最初 それは 必ずしも ”好き” という 明解な感情 ではなくて、 むしろ ”違和感” 。 なんとも言えない ”違和感” か…

現代アート  石「静かなもの」 Contemporary Art vol.41

現代アート 偶偶石vol.41「静かなもの」現代アート[偶偶石(たまたま石) vol.41] 題名「静かなもの」8.6×4.7㎝ 静かなもの と 静かなもの 仲睦まじく 寄り添う。 いるだけで 充分。 ここにいるだけで 充分。 こうしているだけで 充分 【偶偶石(たまたま石) …

現代アート  石「個性だらけ」 Contemporary Art vol.40

現代アート 偶偶石vol.40「個性だらけ」現代アート[偶偶石(たまたま石) vol.40] 題名「個性だらけ」4.3×4.8㎝ 個性は ある。 何が個性か わからない だなんて。 ”完璧じゃないところ” すべて 個性。 ひとつ ひとつ あげたらきりがない。 個性だらけ。 個性…

現代アート  石「個性は凛として」 Contemporary Art vol.39

現代アート 偶偶石vol.39「個性は凛として」現代アート[偶偶石(たまたま石) vol.39] 題名「個性は凛として」3.5×3.8㎝ 転がって きれいに丸まった 素直さは 個性を なくしたりしない。 調和を愛する 穏やかさは 個性を なくしたりしない。 付け焼刃の 装飾…

現代アート  石「結実の条件」 Contemporary Art vol.38

現代アート 偶偶石vol.38「結実の条件」現代アート[偶偶石(たまたま石) vol.38] 題名「結実の条件」3.7×4.5㎝ マグマの熱水が 描く。 熱水に含まれていた 鉄分で描く。 鉄分の濃度が 薄ければ、ただ 石を 茶色に染めるだけ 鉄分の濃度が 濃ければ、鉄分が凝…

現代アート  石「呪縛の可視化」 Contemporary Art vol.37

現代アート 偶偶石vol.37「呪縛の可視化」現代アート[偶偶石(たまたま石) vol.37] 題名「呪縛の可視化」4.4×3.9㎝ 三角形の個体を見ると ”おむすび” を思い浮かべる人。 ”おむすび” しか 思い浮かばない人。 ”おむすび” の発想から 抜け出せない人。 を 笑…

現代アート  石「経験の先へ」 Contemporary Art vol.36

現代アート 偶偶石vol.36「経験の先へ」現代アート[偶偶石(たまたま石) vol.36] 題名「経験の先へ」5.9×4㎝ 海岸に 転がっていたのは 何かを つまもうとする " 指の模様 " の石。 洗練されたラインに 驚いた。 造形的な構成に 驚いた。 驚いたのは、 心のど…

現代アート  石「時は」 Contemporary Art vol.35

現代アート 偶偶石vol.35「前へ」現代アート[偶偶石(たまたま石) vol.35] 題名「前へ」3.5×3.8㎝ 時は 前にしか 進まない。 私たちの 制止むなしく 前へ 前へ 非情に進む。 時の流れは 非情。 だけど とても 平等。 地球という船に乗った 全てのものを 一切…

現代アート  石「誇りをもって振る舞う」 Contemporary Art vol.34

現代アート 偶偶石vol.34「誇りをもって振る舞う」現代アート[偶偶石(たまたま石) vol.34] 題名「誇りをもって振る舞う」2.4×3.6㎝ まっさらな個体に生まれて そこに彩を加えられるのは 遭遇していく経験だけだから 目の前にあらわれる艱難には おびえるだ…

現代アート  石「何も」 Contemporary Art vol.33

現代アート 偶偶石vol.33「何も」現代アート[偶偶石(たまたま石) vol.33] 題名「何も」7.5×6.9㎝ ここには 何もない。 のだろうか。 本当に 何も ない。 のだろうか 【偶偶石(たまたま石】 「偶偶石(たまたま石)」は、作意も作為もない自然石の造形美が”…

現代アート  石「思い巡らす」 Contemporary Art vol.32

現代アート 偶偶石vol.32「思い巡らす」現代アート[偶偶石(たまたま石) vol.32] 題名「思い巡らす」4.4×3.8㎝ 植木鉢の植物は 根を伸ばし 養分を得て 成長する。 やがて 伸びた根は 植木鉢一杯に張り巡らされて ほどなく 根詰まり 患う。 思い巡らせ 思い巡…

現代アート  石「反射神経でなく」 Contemporary Art vol.31

現代アート 偶偶石vol.31「反射神経でなく」現代アート[偶偶石(たまたま石) vol.31] 題名「反射神経でなく」5.6×3.3㎝ 気づけば 日常生活を 反射神経で生きている。 今迄の 記憶と 経験で 目の前に次々とたち現れる様々を よどむことなく こなす 日常。 初…

現代アート  石「沈黙の時」 Contemporary Art vol.30

現代アート 偶偶石vol.30「沈黙の時」現代アート[偶偶石(たまたま石) vol.30] 題名「沈黙の時」3.9×2.6㎝ 沈黙の時 行き場のない思いが 音もなく 心の底に 降り積もる。 沈黙の時 あたためた思いが 音もなく 心の底に 降り積もる。 いつかそれを切り出して …

現代アート  石「曲線と直線」 Contemporary Art vol.29

現代アート 偶偶石vol.29「曲線と直線」現代アート[偶偶石(たまたま石) vol.29] 題名「曲線と直線」5.9×2.7㎝ 私たちに 自然の懐深さを感じさせてくれるのは そこにある 曲線の 何とも言えない味わい深さ。 心を開かせる 愛おしさ。 心を安らがせる やわら…

現代アート  石「個性の獲得」 Contemporary Art vol.28

現代アート 偶偶石vol.28「個性の獲得」現代アート[偶偶石(たまたま石) vol.28] 題名「個性の獲得」4×4.9㎝ 小石は 最初から 小石だったわけじゃない。 まだ 小石じゃなかった頃 地中の大きな岩盤の一部で 地球の表面の一部だった。 深い地中 たぎるマグマ…

現代アート 石「つなぎ直し」 Contemporary Art vol.27

現代アート 偶偶石vol.27「つなぎ直し」現代アート[偶偶石(たまたま石) vol.27] 題名「つなぎ直し」4.1×3.8㎝ 融けて 対流して 攪拌されて 伸ばした手は あらたなものを つかむ。 あらたな形を 描く。 混沌は つなぎ直しの時。 あらたな形を 描く時。 【偶…

現代アート 石「兆し(きざし)」 Contemporary Art vol.26

現代アート 偶偶石vol.26「兆し(きざし)」現代アート[偶偶石(たまたま石) vol.26] 題名「兆し(きざし)」2.8×3.5㎝ 次への兆しは 希望の種 人々の 足元に ひそかに まかれた。 まだ 今は 気付かない いずれ 振り返ったとき あの時の あれが そうか と初…

現代アート 石「子どもの眠り」Contemporary Art vol.25

現代アート 偶偶石vol.25「子どもの眠り」現代アート[偶偶石(たまたま石) vol.25] 題名「子どもの眠り」5.5×2.6㎝ 今日楽しかったあのことの 続きは明日 今日できなかったあのことの 続きは明日 いくら楽しみにしていても 明日になるまで待たされる いくら…

現代アート 石「眼差し」Contemporary Art vol.24

現代アート 偶偶石vol.24「眼差し」現代アート[偶偶石(たまたま石) vol.24] 題名「眼差し」2.6×3.9㎝ もちっとした 見た目。 求肥のような 見た目。 透けて見える 黄色みや 紫色は 黄身餡を包んでいるのだろうか。 小豆餡を包み込んでいるのだろうか。 柔ら…

現代アート 石「まとまる」 Contemporary Art vol.23

現代アート 偶偶石vol.23「まとまる」現代アート[偶偶石(たまたま石) vol.23] 題名「まとまる」3.7×2.8㎝ 色も 形も 大きさも 質も 硬さも 輝きも 何から何まで 違うものたち ひしめき合って まとまって 生まれたのは 複雑さを恐れずに包み込んだ 力強い美…

現代アート 石「健気」 Contemporary Art vol.22

現代アート 石「健気」 Contemporary Art vol.22現代アート[偶偶石(たまたま石) vol.22] 題名「健気」5.3×3.8㎝ 静けさの中にいるから 目にとまるもの。 届く光のまろやかさのなかで 何気なくそこにあるものの たたずまい そこにいる 健気 【偶偶石(たまた…

現代アート 石「来た道」 Contemporary Art vol.21

現代アート 偶偶石vol.21「来た道」現代アート[偶偶石(たまたま石) vol.21] 題名「来た道」6×5.2㎝ 私たちは すぐに 忘れてしまう。 いつか 来た道。 見覚えのある 景色。胸を張る 気付けば 前より ずっと まわりが 見えている。 深く ものが見えている。 …

現代アート 石「視線を下げる」Contemporary Art vol.20

現代アート 偶偶石vol.20「視線を下げる」現代アート[偶偶石(たまたま石) vol.20] 題名「視線を下げる」3×3.8㎝ 困難は 上へ上へと血眼になりがちな 人の視線を 少し 下に下げてくれる。 上ばかり見ていて 足元は 荒れていないだろうか。 足元は 弱くなって…

現代アート 石「道の途中」 Contemporary Art vol.19

現代アート 偶偶石vol.19「道の途中」現代アート[偶偶石(たまたま石) vol.19] 題名「道の途中」4.2×5.5㎝ 何千万年 何億年の 道を来て 今ここに この姿で いる。 そしてまた これから 何千万年 何億年の 道を行く。 いつも 道の途中 【偶偶石(たまたま石)…

現代アート 石「想像と創造の起点」Contemporary Art vol.18

現代アート 偶偶石vol.18「想像と創造の起点」現代アート[偶偶石(たまたま石) vol.18] 題名「想像と創造の起点」3.3×3.8㎝ 誰の作意も作為も入らない 拾ってきたままの 無垢な自然石は、 想像と創造の起点になるでしょう。 石は 何も求めていないから 見て…

現代アート 石「光射す」Contemporary Art vol.17

現代アート 偶偶石vol.17「光射す」現代アート[偶偶石(たまたま石) vol.17] 題名「光射す」3.5×4.7㎝ 石に向かい 見たいように 見えるでしょう 聞きたいように 聞こえるでしょう。 やがて にわかに射しはじめた陽の光が あなたの心の底にある 見たくても 見…