滋味日日・・いいこと ”お福わけ”

”ない” ことを よしとしよう

「象 疲れちゃったゾゥ」糸魚川ピクチャーストーン(紋様石)vol.73

f:id:a31017:20211009134922j:plain
「象 疲れちゃったゾゥ」by tamatama7373

ゾウの ぞうきんがけ。
はりきりすぎて
ゾウ 疲れちゃったゾゥ。


同じ石なのに 見え方が ちがう。
同じ石で 違う見え方が できる。
同じ石は 見え方で ちがう。
違う見え方をする 同じ石


可能性は いくらでも あって
気づいていることより
気づいていないことの方が 多くて
気づいていないから 
気づいていないことが どんなに多いのかも わからない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 自然のままで絵のようなアートのような模様のある石は、絵石=ピクチャーストーンと呼ばれています。
 私tamatama7373は、
ピクチャーストーンの”石はそのまま”(無加工)に、
そこから広がるイマジネーション(想像)の世界を、
”石の外”に表現(創造)して、
両者を併せた「ピクチャーストーンアート」を制作しています。
写真のように、
石を、「石から広がる”想像の先”を描いた紙」の上に置いて、
「石を作った地球」と「描いた私」で合作
(collaboration)しています。
 本来「ピクチャーストーン」は、絵画的な模様石のことを言いますが、私は、形やくぼみだけでも、そこから絵画的想像が広がる石は、みなピクチャーストーンと呼んでいます


 私の「ピクチャーストーンアート」では、石に描いたりせず石には一切の加工をしません
 石の色や模様は、地球のダイナミックな活動で作り出された、いわば「地球の息づかいの痕跡」です。
 石の形は、岩盤が隆起して崩れ、川を流れ、海に出て、波に転がされて、自然に作りあげられた「地球の造形」です。
 つまり、何千万年、何億年の「地球の活動の履歴が記されたもの」ですから、そのような人智の及ばない造形そのままの容姿を、興味深く、そのまま見て感じて欲しいからです。


 「ピクチャーストーンアート」の石は、特殊で特別な石である必要はありません。むずかしいものでもありません。身近で目にとまった小石から、思いもよらぬイマジネーションのひろがりを楽しむアートです。
【by tamatama7373】