滋味日日 ・・・新潟の空気を ”お福わけ”

はなぱんだHanapandaです。そちらはいかがお過ごしですか? こちらは・・・

現代アート 石「はるか彼方から 光が届く」 Contemporary Art vol.5

f:id:a31017:20200130165009j:plain
現代アート 偶偶石vol.5「反射」
現代アート[偶偶石(たまたま石) vol.5]
題名「はるか彼方から 光が届く」6.5×3.7㎝


月明かりで
かすかに光る波打ち際。
今は見えない太陽が 月を照らし、
月に反射した光が 足元の波を照らしている。
はるか彼方から 光が届く

 
 
偶偶石(たまたま石)
 「偶偶石(たまたま石)」は、自分の美意識・感性を、”それを表す石を探して(拾って)、展示(各人のネットにあげるなど)して”各人がみんなで表現して鑑賞しあおうというアートです。
 探し出した石は、描いたり、削ったり、磨いたりせずに、拾ったままの状態であることだけが条件・ルールです。
 その石が、何億年・何千万年の歳月をかけて、現在、この形と模様に至ったのはたまたまのこと。
 その石とあなたが出会えたことは、石の長い歴史の中で奇跡的な一瞬の出会い、たまたまのこと。
 お互いの石を鑑賞して、多様な美意識と感性に触れたならば、それはとても豊かな体験となるでしょう。
 

 私の偶偶石(たまたま石)は糸魚川市の海岸で自らが拾った石。
 石を拾って、海水を落とすために水洗いだけしたもの。描いていません。削っていません。無加工の天然石です。
 自然の”たまたま”が、何千万年の間に、何層にも交わって作り上げられた造形の結晶です。
 ただの「石ころ」、幼子の「石拾い」は尊くクリエイティブ
 現代アート(Contemporary Art)であり、コンセプチュアルアート(Conceptual Art)であり、抽象造形・抽象絵画(Abstract art, Abstract modeling)。
 地球の内部に秘められた数千度の熱は、ひと時も形態を留めることなくよじれとぐろを巻きながら脱出を試みる。その圧が均衡を崩す時、地球の割れ目からあふれ出し、熱を放ち、盛上り、せり上がり、崩れ、転がり、やがて静かに海岸にたたずむ。そんな情熱的な彫刻(Sculpture)・オブジェ(Objet)。
 地球の数千万年を、たったひと塊に凝縮したミニマルアート(Minimal Art)。
 「偶偶石(たまたま石)」は、作意も作為もない造形美が無為の人の心に訴求する力を借りて、人が自らの美意識と感性を具現化して深い余韻と、思索を味わうアートです。
作者/tamatama7373