滋味日日 ・・・新潟の空気を ”お福わけ”

はなぱんだです。そちらはいかがお過ごしですか? こちらは・・・

インテリアも盛り方次第 だから手ぬぐいで作るパンダのパネルは、個性的なパンダグッズになるのです

f:id:a31017:20180617121825j:plain前回のパンダのファブリックパネルは、手ぬぐいのなかの3×2で6頭のパンダが並んでいるところを表に出しました。
 今回は半分の3頭でファブリックパネルを作りました。
 パンダの数が半分になったのに、インパクトは半分になるどころか倍増するから不思議です。モチーフの数を減らすと、ひとつひとつの表情がはっきりして、かえって印象的なインテリアになりますね。
 手ぬぐいの柄の出し方を考えるとき、どこを使うのか、どの大きさのパンダを使うのか、何頭入れて、余白をどれくらいもうけるのか・・・そうそう、パネルの縦横の比率も大事。
 そんなわけで、パネルは作った人の個性とセンスがそのまま表れちゃうので、だからとても愛着がわくのです。
 自分らしい自分好みのパンダグッズになるから、手ぬぐいでファブリックパネルを作ってみて。自分のセンスを客観視することが、さらなるインテリア上級者への道になる・・かも。
【箱を作るサイズ】このごろりんぱんだの3頭パネルは、表箱が25×13.5×H1.5センチ。裏箱が各々2ミリ小さい24.8×13.3×H1.3センチ。この大きさだとA3判の厚紙1枚で作れます。厚紙はメーカー名「リュウグウ」商品名は「板目厚紙 白樺A3判 306㎜×434㎜ 10枚入り 品番HI-SK-A3」
 ↓パンダのファブリックパネルの作り方www.hanapanda.com
www.hanapanda.com
www.hanapanda.com
www.hanapanda.com

インテリアにパンダグッズをとりいれるなら、ファブリックパネルで)手ぬぐいを切らずに作る最大サイズ

f:id:a31017:20180613114048j:plainパンダの手ぬぐいを使って、手ぬぐい自体を切らずに、貼らずに、固定せずにつくるファブリックパネルの作り方。
 インテリアに使えるかわいいパンダグッズを自分で作ります。
 市販の厚紙2枚で、箱を作って、その中に手ぬぐいを折りたたんで入れる作り方は、いつもこのブログで説明しているとおりなのですが、では、大きいパネルを作りたいとき、どれくらいの大きさまで作れるの?
 にトライしたのが、今回のパンダのパネルです。
 あくまで正方形の場合ね。
 最大サイズは、29センチ真四角で1.5センチの厚さでした。この写真のパンダパネルは、箱の中に折りたたんだ部分がわずか8ミリくらい。でも綿だから摩擦で布が動かないから、いつものとおり、パンダの手ぬぐいを切っても、貼っても、固定してもいないのです。
 でもでも、ぎりぎりすぎるから、やっぱりもうひとまわり小さめの方が作りやすいかもね。
↓ パンダのファブリックパネルの作り方
www.hanapanda.com
www.hanapanda.com

インテリアに使えるパンダグッズを作る)てぬぐいを切らないパンダのファブリックパネル

f:id:a31017:20180602135656j:plainインテリアに使えるかわいいパンダグッズを作ります。パンダてぬぐいを、切らないで厚紙2枚だけでファブリックパネルを作ります。
 お気に入りやコレクションしているかわいい手ぬぐいを、切ったり固定してしまったら、もう二度と手ぬぐいにもどせません。
 そこで、市販の厚紙2枚で、手ぬぐいを切らないで、貼ったり、鋲で固定したりもしないで、壁に飾るパンダグッズのファブリックパネルを作ります。
 今回は大きめのファブリックパネルなので、今回私が使ったのは、文具店に売っている「板目表紙」マルアイのA3用、445×306㎜(450g/㎡)厚さ0.65㎜ 5枚入りを使いました。f:id:a31017:20180602125752j:plain
 厚紙に、27.5センチ真四角で、高さ1.5センチのパネルを作るためにこんなふうにサイズどりします。f:id:a31017:20180602125607j:plain
 これを切って、四隅をホチキスでとめて箱型にします。表箱になります。
 もう一枚の厚紙を表箱より2ミリ小さい27.3センチ真四角、高さ1.3センチの裏箱をおなじように作ります。
 表箱の面に飾りたいパンダの図をあわせて、ゼムクリップでとめて手ぬぐいのあまった生地は、箱のなかに折りたたんで入れます。f:id:a31017:20180602134829j:plain
 裏箱をはめたらできあがり。
 手ぬぐいが綿100%なのと、板目厚紙の表面がつるつるでないので、摩擦で自然に固定されるのです。だから裏箱をはめるだけなのです。
 裏箱の上方にあけた三角形の穴を、壁の画鋲にかければ壁に平らに固定されます。
 かわいいパンダのファブリックパネルも、こんなに簡単に作れちゃいます。
 ファブリックパネルはとても効果的にお部屋の雰囲気をかえてくれるから、試してみて。

 

てぬぐい展に パンダの手ぬぐいを出展します

f:id:a31017:20180529005936j:plainてぬぐい展に、パンダの手ぬぐいを出展します。
てぬぐい展の会期は2018年6月15日から7月1日
手ぬぐい展のご案内はこちら
【てぬぐい展】雑貨と喫茶とギャラリーと ひなた(大阪)
会場のギャラリーひなたのHPはこちら
www.geocities.jp

インテリアに使えるパンダグッズ)パンダ手ぬぐいを切らずに、パンダのファブリックパネルを作る

f:id:a31017:20180519141305j:plainインテリアに使えるかわいいパンダグッズを自分で作ります。パンダのてぬぐいの使い方でおススメなのはアートでキュートなパンダグッズ”ファブリックパネル”を作って飾ること。かわいいパンダ手ぬぐいを切らずにそのまま使うファブリックパネルだから、いつでも元どおりの手ぬぐいに戻せます。
 写真のごろりんパンダ2のてぬぐいでファブリックパネルの作り方をくわしく説明します。
 このファブリックパネルの作り方が、まちがいなく、
  一番簡単で、
  一番少ない材料で、
  一番軽く
  一番材料費が安いファブリックパネルの作り方でしょう。
 画鋲でなくても、壁に穴をあけずにコクヨのひっつきムシで固定できるほど軽量なファブリックパネルです。
 おまけに紙でできているから、落ちても壊れないし、ケガもしません。
 安心、安全、安価なファブリックパネルだから、気軽にどこにでも飾れるインテリアになりますよ。
ファブリックパネルの作り方
1. 厚紙を2枚用意して、1枚を写真の大きさに切ります。f:id:a31017:20180519132406j:plain寸法拡大はこちらf:id:a31017:20180519132428j:plain
2. ピンクの線は切り、点線を折って、スミをステープラで留めて箱を作ります。f:id:a31017:20180519133104j:plainこれがファブリックパネルの表になる表箱になります。
3. もう一枚の厚紙で裏箱を作ります。表箱より2ミリ小さく作るので、27.8×19.8センチ、高さ1.3センチ。画鋲で壁に留めるために三角形の穴を作っておきます。f:id:a31017:20180519135238j:plain
4. 表箱の表面に、飾りたいパンダ手ぬぐいのパンダの絵をあわせて、手ぬぐいの残りの部分は箱のなかに折りたたんで入れます。f:id:a31017:20180519140103j:plain
折りたたむとき、ゼムクリップで留めながらたたむときれいにできますよ。f:id:a31017:20180519140038j:plainすみっこも、こんなにきれいにたためちゃいます。
5. 裏箱をはめて、ゼムクリップをはずしたらパンダのファブリックパネルのできあがり。
www.hanapanda.com
www.hanapanda.com
www.creema.jp
www.hanapanda.com

パンダのファブリックパネルの作り方)パンダ手ぬぐいを切らずに作れるアートなパンダグッズ

f:id:a31017:20180519141625j:plainパンダ手ぬぐいはインテリアにもなるんです。
 てぬぐいの使い方はいろいろあるけれど、インテリアに使えるかわいいパンダグッズが自分で簡単に作れちゃいます。
 写真のアートなファブリックパネルは、厚紙2枚を切って自分で作ったもの。それも、パンダ手ぬぐいを切らずに作れるので、いつでもまた元のてぬぐいに戻せます。
 TSUTAYAで板目表紙という厚紙を買ってきて、28×20×1.5と27.8×19.8×1.3(単位cm)の箱を作って包んで折りたたんだだけ。詳しい作り方は以前のブログに。
www.hanapanda.com
www.creema.jp

パンダ手ぬぐいの使い方)バッグに かわいい!をプラスする

f:id:a31017:20180508144156j:plain
 手ぬぐいの使い方をたくさんマスターして、もっと柄を楽しもう。
 せっかくのお気に入り手ぬぐいを、バッグの中にしまったままにしていたらもったいない。バッグのバリエーションは少ないけれど、そこにお気に入りの柄をミックスしたら、バッグを何通りにも楽しめちゃう。
 写真は”ごろりんパンダ2”の手ぬぐいをチラ見せしたもの。インパクト大のパンダのバッグチャームになるんです。
 作り方はとても簡単。
 パンダ柄のお気に入りの部分が出るようにたたんで、バッグのポケットにはさむだけ。外に出ている部分より、中に折りたたまれた方を多く重くするだけです。綿100%だから滑らないのと、開口部のファスナーをぎりぎりまで閉めておけば、全然まったく落ちません。
 とても簡単だから、手ぬぐいの使い方を増やすのに、まずはここから試してみては。


www.creema.jp