読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

滋味日日・・よく食べることはよく育むことだから

食べものにていねいにむきあうと、食べものは思わぬ底力をみせてくれるものです。驚かされて、感謝して・・・そういうところに ”滋味” は育まれて・・・

”四角い太陽” 寒い今だから出会える珍現象

日日の景色

f:id:a31017:20170224173206j:plain
 四角い太陽を見たことありますか?
 私は写真集でしか見たことがありませんでした。

 写真はきのう2017年2月24日17:30 新潟市の関分記念公園で。
 日本海に沈む、四角い太陽!!
 四角い夕日
 新潟の海でこの珍現象(?)を見ることができるとは思いませんでした。


 四角い太陽って、南極北海道でよく観測されると聞いていたけれど、寒い時期に、ときどき日本各地に出現する珍しい現象なのですよね。

 新潟の海でも四角い太陽が見れるんだぁ!!

 
 だけど、
 感動を吹き飛ばすくらい、
 寒くて
 強風が吹きすさんで
 写したいのに、
 体幹が弱いせいで
 手がぶれて、ぶれて・・・・きれいなものをつかまえるのって体力勝負


 見ようと思って見たわけでも、
 見られると思って狙って見たわけでもなく
 たまたま偶然見れただけ。


 寒風吹きすさぶ冬の夕暮れの通勤時間に
 くねった海岸沿いの道を走るとき、
 だれも水平線なんて見ちゃいません。
 見ていなくちゃいけないのは対向車。


 そこそこ新潟から見る日本海にも、四角い太陽は現れているの?。
 いつも、ひっそりと、四角く形を変えて沈んでいるの?
 きょうは、たまたま、見つかっちゃった。



 

豚肉の ”おろしセロリ 粒マスタードあえ”

肉料理

f:id:a31017:20170222123144j:plain
 前々回のお料理の「セロリブロック ころころ」。
 つけあわせだけ説明して、豚肉を説明していませんでした。

 ゆで豚肉を、セロリをおろし金でおろしマスタード混ぜたものであえてあります

 つまりこのお料理は、お皿全体で「豚肉、セロリ、粒マスタード」しか使っていないかんたん料理なのです。
f:id:a31017:20170222123826j:plain

 前々回の料理はこれ
www.hanapanda.com

 この料理の唯一のコツは、いつものとおり、マスタードは「原材料:粒マスタード醸造酢、塩」だけの、香料や砂糖や添加物の入っていないものをつかうこと
www.hanapanda.com
www.hanapanda.com


第六感に効く栄養たっぷり セロリブロックころころ

かわいい料理 野菜料理

f:id:a31017:20170222125346j:plain
 ”セロリブロック ころころ” は、それだけをお皿にならべて一品にできちゃいます。

 たべものでただ遊んでいるわけではありません
 たべものに”あそび心”をトッピングして、
 ”心の栄養”をプラス


 料理を食べる時、いつも五感がフル稼働しています。
 見ための視覚
 噛んだ時の触覚
 噛むとき口のなかでちいさくやさしくひびく音をたのしむ聴覚
 鼻の内側からひろがる香りをとらえる嗅覚
 そして口のなかいっぱいに踊っている味をつかまえる味覚


 そこに!!!!うきうき感をトッピングすると、
 五感の先の第六感が!!!!


 セロリブロックにはそんな栄養素「!!!」が入っているのです
 
 

 おうちアミューズに使うと、たちまちかわいい一品になりますよ。

 わたしはお皿いっぱいにならべて、箸休めの一品に。
 とか、お皿いっぱいにならべて、セロリサラダとしてだけじゃなく、口さみしいとき、おやつがわりにつまんでいます。
 冬のすじっぽくて乾燥気味のセロリは、ちいさいけれどつまんでいるうちに結構おなかいっぱいになるのです。
 涙ぐましいダイエットおやつ


 

”セロリブロック コロコロ” でかわいい料理 完成!

かわいい料理 野菜料理

f:id:a31017:20170222122932j:plain
 セロリだけをつけあわせにしてお皿を飾るなら、ブロックのようにスライスしたものを2枚一組にかみあわせてころころっところがします。
 これだけで、かわいい料理が完成。


 かわいいでしょ。
 そして、なつかしいでしょ。

”しょ”って、
話し言葉だとてやさしくてかわいい響きだけど、
文字にするとかわいくないですね。

 なつかしい・・・というのは、このセロリのつけあわせを見て、何かを思いだしませんか?
 私は、学研のニューブロックを思いだしました。
 レゴやカプラじゃなくて、学研のニューブロック
 小児科の待合室や、商業施設や公共施設のキッズゾーンによくある、カラフルなプラスチック製で、中に空気がはいっている学研のニューブロック

 あの、くぼんだところと、くぼんだところを、かみあうように組みあわせていくニューブロック。

 そういうと、写真のセロリがどのようになっているのかわかると思います。

 まだまだ寒い今の季節、なかがスカスカで、スジのかたさが目立つ残念なセロリが多いのです。
 スジがかたいから、スティック状でなく、スジを切ろうとスライスするのですが、スライスすると中が白くスカスカになっているのが目立ってしまいます。
 
 残念なセロリにも、起死回生のチャンスを!!
 ブロックのようにかみあわせると、こんなにかわいい料理になります。
f:id:a31017:20170222125127j:plain
 このセロリブロックは、おうちアミューズを簡単にかわいいく、それなりの一品にするのに役立ちますよ。
 
 
 デイヴ・アスプリーのシリコンバレー式「最強の食事」の、”完全無欠版おやつのアイデア”にあげられている数少ない固体の一つが「薄切りセロリ」「セロリスティック」・・・そんなわけで、この季節、スカスカで残念なセロリだけど冷蔵庫に常備しています。


 

国宝「縄文のビーナス」 なレンコンサラダ

かわいい料理 野菜料理

f:id:a31017:20170219162117j:plain
 レンコンに知り合いはいないけれど、このレンコンを見た時、この有名な土偶の顔が頭にうかびました。
 縄文のビーナス長野県茅野市米沢棚畑遺跡から出土した土偶
 日本国内で出土している土偶18000点ほどですが、そのなかで国宝に指定されているものは5点
 さらにそのなかで平成7年一番最初に国宝に指定されたのがこの土偶です。
http://kunishitei.bunka.go.jp/bsys/maindetails.asp
文化庁の「国指定文化財等データベース」の画像が開けるでしょうか。国宝指定番号00037番です。
 開けなかったらネットで縄文のビーナスと画像検索するとみていただけます。

 土偶は出土した地域ごとに個性的な顔立ちをしています。
 縄文のビーナスのように目と口が三角形を描く顔立ちは、出土した八ヶ岳山麓系統の特徴的な顔立ちです。

 石器時代の後、”土器をつくるようになり、そこから米作りが始まるまで”縄文時代と言います。
 16,000年前から2300年くらい前まで、1万年以上の長い期間にわたります。
 世界中の歴史をみても、ひとつの国の文明でこのように長期にわたってひとつの文明が続いたものはなく、縄文時代は他に例のない文明だといわれています。

 国宝縄文のビーナス長野県茅野市尖石縄文考古館収蔵・展示されています。
http://www.city.chino.lg.jp/www/toppage/1444796190237/APM03000.html

 インド原産レンコンが、中国から日本に渡来したのは縄文時代だと「ありがたい植物 田中修:著 幻冬舎新書」に書かれていました。

 レンコンの断面に縄文的な造形をみつけたとき、レンコンにやどっている縄文の記憶を見たような、ちょっと浪漫を感じたのでした。
 ただ、下のゆでたレンコンを切って重ねただけなのですが。
f:id:a31017:20170219145615j:plain


ふたごのレンコン君 サラダ

かわいい料理 野菜料理

f:id:a31017:20170218151209j:plain
 レンコンは、アートだ!!
 のバリーション

 きのうと同じレンコン
 どこかを残して
 どこかをけずる
 おおきな耳をしたレンコン君のできあがり。

 ふたつにスライスするとふたごのレンコン君に。

 絵が描けなくてもレンコン形を活かすだけ
 世界に二つとない造形が簡単に生まれちゃう。


 きのうのアートなレンコンサラダとちがうのは、
この形に切ってからゆでたこと
(きのうのはゆでてから切りました)

 もっちり、むっちりしたレンコンだから、
 ゆでてから切ると、包丁に密着しすぎて切りにくくなってしまうから
f:id:a31017:20170218151134j:plain
兄です。
f:id:a31017:20170218151115j:plain
弟です。
逆でもいいけれど。

切るまえは、これ。
f:id:a31017:20170218143056j:plain


レンコン アートサラダ

野菜料理 かわいい料理

f:id:a31017:20170218152356j:plain
 レンコンは、直球で”アート”な野菜です。

 この頃、かなりひろくアミューズ(amuse)流行り
 もともとは、食前酒にそえて、趣向をこらしたおつまみだったアミューズ=たのしませるもの


 けれど、いま、お店が競って趣向をこらしています
 客にとっても、食事の最初に、お店の技巧やセンスがうかがえるいわばお店の名刺みたいなもの をいただくことで、これからはじまる食事への期待がいやがおうにも高まりますね。

 最近は食事の最初にだされるアミューズだけじゃなくて、お料理のどれもが装飾的になっているのはすごいですよね。
 ブームが過熱気味?


 その装飾をこらした盛り付けは、生け花のようで、お花畑のようで・・・・
 お皿のうえに造りだされた小宇宙は、いつまでも見ていたいと思わせる、もう芸術品そのもの。


 おうちで、お店のアミューズのように多彩で多種の装飾用の食材をちりばめることはできないけれど、おうちにはアルのです。
 どーんと力強いアートなあの子が!!


 レンコン

 輪切りにしただけで、こんなにアートな表情してる。

 生命力自然の神秘
 無垢の表情純真
 希望のはぐくみ・・・・わきあがる食欲!?
 
 
 なんて現代アート

 ゆでたブロッコリーのうえに、あえて厚切りにして酢を少々入れた湯でゆでたレンコンをのせました。
 厚切りにしたのはもっちりした食感をたのしむため。

 いつものゴマスソース(「原材料:ゴマ」だけのねりごまと、「原材料:粒マスタード醸造酢、塩」だけの粒マスタードを1:1であえて、水で適宜のばしたソース)をつけていただきます。

 調理前はこんな感じ
f:id:a31017:20170218143056j:plain
巾9センチ×7センチ

 京都京野菜という地元野菜があるように、長岡市には長岡野菜という地元野菜があります。
 レンコンも、90年の歴史がある大口レンコンというブランドの地元野菜があって長岡野菜のひとつです。

 今回近くのスーパーで買ってきたこの写真のレンコンには、こんなラベルがついていて
f:id:a31017:20170218155723j:plain
 肝心の大口レンコンかどうかはわからないのだけれど、個人名をブランドにしているくらい手塩にかけた自慢の品だということは間違いありません。もっちり、むっちりして、ほんとうにおいしいレンコンだったから。

 原材料がゴマだけのねりごまの説明はこちら
www.hanapanda.com

 原材料が「粒マスタード醸造酢、塩」だけの粒マスタードの説明はこちら
www.hanapanda.com
www.hanapanda.com