読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

滋味日日・・よく食べることはよく育むことだから

食べものにていねいにむきあうと、食べものは思わぬ底力をみせてくれるものです。驚かされて、感謝して・・・そういうところに ”滋味” は育まれて・・・

玄関前でカワラヒワ出産

f:id:a31017:20170328092233j:plain
 きのうの夜、がひとつ。
 けさ、が二つに。
 玄関戸(引き戸)から30cmしか離れていない鉢植えだから、わたしと何度もはちあわせして、そのたびに驚いて飛び去っていたのに、巣を放棄もせず、とうとう卵が・・・・

 カワラヒワでした。


 三連休がおわったら、あんなにあちこちにいたハクチョウの姿はどこにも見えなくなりました。
 さみしいなぁと思っていたけれど、
 電線には、ところせましとスズメが鈴なりにとまっている。
 ヒヨドリのつがい?はいつになくかわいい声でいちゃいちゃしてる。
 カラスがなわばりを?彼女を?めぐって三羽が大声出しながら上空を旋回して追い回している。
 そこここ上空から、たえずぴちゅぴちゅあまえるような小鳥のさえずりが降ってくる


 気がつけば、鳥たちの”恋の季節
 
f:id:a31017:20170328085439j:plain


セロリはブロック使いでT.レックスに  ”恐竜盛り”だ ガオッ!

野菜料理 かわいい料理

f:id:a31017:20170227155248j:plain
 T.rex Tレックス・・ティラノサウルスっぽくない?
 セロリスライスしてブロックのように組みあわせたら「恐竜盛り」にトライ。
 黒ゴマ
 セロリの葉
 こういうのは子どもたちの方が上手なのだから、セロリを輪切りにしたセロリブロックを用意して自由に作ってもらえばいい。


 ちなみに足と体はこんなふうに組みあわせてある。
f:id:a31017:20170227155320j:plain


 これはステゴザウルス!・・・っぽくない?
f:id:a31017:20170227162409j:plain

 春3月というのに、すこしもあたたかくない。
 ことしは、雪国の春がおそいだけじゃないみたい。


 これは愛知産セロリだけど、店頭にならんでいるときからすでにコンディションがよくない。
 写真のセロリブロックを見てわかるように、筋ばっていて、「やわらかくみずみずしいセロリ」には程遠い。
 愛知の春も、今年は寒いのかなぁ・・・と、全国の産地からやってくる野菜のコンディションを見て、いまの陽気に思いをいたす。


 雪の結晶を見て、「雪は天からの手紙」と物理学者で雪の結晶の研究者だった中谷宇吉郎は言ったけれど、わたしたちはスーパーの店頭で日本各地からやってくる野菜の状態を見て野菜は全国からの手紙」と、遠く野菜の産地に思いをいたす。


 セロリブロックを使った料理のブログは 
www.hanapanda.com
www.hanapanda.com


いまどきの小鳥の巣は化繊中綿製

鳥コレクション 日日の景色

f:id:a31017:20170322133112j:plain
 これ、だれの家?
 玄関扉のすぐまえに置いたゴールドクレストをかきわけたら、こんなに立派な小鳥の巣!
 いつの間に!!


 冬の寒さで茶色く枯れた葉をとりのぞこうとゴールドクレストをかき分けたら、こんなのが出てきました。


 今朝、ひさしぶりに晴れて陽がさしたので玄関掃除をしていたら、うしろでしきりに小鳥がヒュルルル(?)みたいな声で鳴いていたのだけれど、あれは、巣のまわりをうろうろしている私に抗議していたのですね。
 作りたてだったのですね。


 それにしても、なんて立派な巣。
 どれくらいの時間をかけて作ったのでしょう。
 イマドキは、どこから調達してきたのでしょう、キルティングの化繊の中綿みたいな白い化学繊維でふっかふかに作られているのです。
 人間は鳥のダウンをまとって、鳥が化繊の中綿を使っているというのもなんだかおかしいけれど。


 ところで、私が巣を見つけてしまったところを、うしろの電柱のうえから眺めてしきりに鳴いていたこの巣の主。こんなに立派な家を作ったのに、人間に見つかっちゃったから、これは放棄してしまうのかな?でしょうね。野生だから。
 ごめん。
 見つけちゃって。
 でも、玄関扉に触れそうなくらい間近に置かれたゴールドクレストに巣をつくるなんて、そもそも無謀な立地なのだから。


 鳴き声からしてスズメでないことはわかるのだけれど、いつものことながら、愛鳥家でない私にはこの巣の主の鳥の種類が???
 おおきな白鳥に心奪われているあいだに、こんなに間近に小鳥がせまっていたなんて・・・
 大空ばかりながめて歩いていると、足元の小石を見落としてしまうようなものですね。


上越新幹線に乗ったら白鳥をさがしてみてください

日日の景色 鳥コレクション

f:id:a31017:20170317164543j:plain
 右側の高架橋上越新幹線
 この写真の真ん中から左奥にかけて点々とみえる白いのが、み~んな白鳥です。俯瞰して撮ったのでちいさくなったけど、昨日とおとといのブログ写真と同じときのものです。
 田んぼに落ち穂を食べに来るのです。
 落ち穂・・と言っても、新潟県コシヒカリですから。


白鳥の飛来地」と言われている名所に行かなくても、
 餌付けなんてしなくても
 10月から3月のあいだであれば
 上越新幹線の車窓からこんなにたくさんの白鳥を見ることができるのです
餌付けとかしていない、ありのままの白鳥の様子です。
 スマホのカメラのズームでどれくらいの大きさに見えるかなぁ。


 上越新幹線に乗ったけど、見たことがない・・・・のではなく、
 白鳥は、ほとんどいつも、首を伸ばすことなく丸まっているので、田んぼに置かれた白い肥料袋だと思って、みんな見過ごしているのです


 上越新幹線で東京から新潟に向かうとき、最後のトンネル「滝谷トンネル」をぬけたら、そこから先はどこまでも広がる日本海側最大の越後平野です。
 上越新幹線の車窓から見える景色は、四季折々、豊かな自然の色に染まります。
 は一面の水鏡(水を張った田んぼ)
 は一面の青田
 は一面の黄金の稲穂
 は一面の雪景色
 そして晩秋から早春の田んぼに点在する白鳥


 この写真は滝谷トンネルをぬけて間もなくのところです。
 ここから、新潟の市街地に入るまでの結構長い区間のそこここいたるところに白鳥たちはいますから、目を凝らして見つけてみてください。
www.hanapanda.com
www.hanapanda.com





 

新幹線E2系”とき” を見送った白鳥は、ハクチョウ?コハクチョウ?

日日の景色 鳥コレクション

f:id:a31017:20170317164229j:plain
 白鳥。白くて大きくて首が長ければ白鳥と思っていました。
 ところが
 白鳥には種類がありました。
 ハクチョウによく似ているコハクチョウがいます。


 新幹線E2系ときを見送っているのはどちら?


 違いは、ハクチョウの方が、大型で、首が長くて、くちばしの黄色い部分が大きい。ということ。


 ハクチョウコハクチョウが一緒にいたら、比べることもできるのだけれど、ここにいるのはどれも同じ、ひとつの種類。


 首は十分長いし、おまけにときどき上に伸び上るようなしぐさをすると、さらに長~く伸びるのだけど、普通の状態でS字を書くほど長くはないし・・・・
 くちばしの黄色い部分が鼻の穴にとどくほど大きいとはいえないように見えるから、この集団は、コハクチョウじゃないかと思いました。
 鳥愛好家ではない私には、いつもながらむずかしい問題です。遠目には白鳥としかわからない・・

 きのうのブログにのせた、”上越新幹線E2系とき”を見送っていたハクチョウあらためコハクチョウ(だと思う)です。
www.hanapanda.com



 

白鳥が見送る ”とき”  新幹線E2系

日日の景色 鳥コレクション

f:id:a31017:20170317164346j:plain
 白鳥上越新幹線E2系「とき」を見送っています。
 ということは、上越新幹線からも白鳥が見えていますね。


 2017年2月28日の日テレニュース24で「新潟の白鳥がシベリアに帰る北帰行がはじまりました。北帰行は来月15日まで続きます」と言っていました。
 この写真は2017年3月17日。
 白鳥たちは、夕方の上越新幹線の往来を首を長くして見つめながら、もうすぐシベリアに帰るから、新幹線も見納めだなぁ・・なんて思いながら眺めているのかな


最強かわいいWクリップは” 商品名が ”粒”

何かと便利なモノ

f:id:a31017:20170315142614j:plain
 超愛用品の事務用品。
 10~20枚の書類をはさむならコレ!
 ライオンの事務用品 バインダークリップで、仕様名が「」です。巾1センチ、長さ2センチなの。ちっちゃかわいいでしょ
 品番No.104 写真のバインダークリップが10個入って120円(税抜)。
 一個12円(税抜)


 仕事でたくさんの書類を作ります。
 ひとつひとつみんな違う書類なので、構成も、量も・・・つまり厚さ。もさまざまです。


 できあがった書類は、仕事の顔。だから、ピシッと整えます。
 そのとき、欠かせないものがあります。


 書類ごとの厚みにジャストフィットするサイズのクリップです。


 特に、決め手はちいさいクリップ


 書類を必要以上に大きいクリップではさんで、ブカブカ、グラグラしているなんてNGです。
 ましてや、大きいゼムクリップで、むりやりはさむなんてもってのほか。ねじって浮き上がるうえに、ゼムクリップの先端が、書類に食いこんでいるぅぅぅぅ


 かさばるし、書類が痛むし、見づらいし・・・
 やっぱり、ジャストサイズのクリップでキチンとはさんでおかなくちゃ。
 


 商品名でダブルクリップとかバインダークリップといわれるクリップ。
 この最小サイズは、意外と知られていないのです。


 仕様は、
超特大」⇒「特大」⇒「」⇒「」⇒「」・・・・ここまでがポピュラーなラインナップです。よく店頭に並んでいるサイズです。


 そして、ここから先を知っているのがツウなのです。
小小」⇒「」・・・・・かわいいですね。「小」より小さいものの「仕様」名を「豆」と名付けるなんて


 そして、いよいよ、写真の最小サイズ、
 「」の下に、「」というサイズがあるのです。・・・「」というネーミングが秀逸です。豆より小さい米粒か・・。


 こんなアナログな「」という仕様で、ちゃんとライオンの事務用品カタログにも載っているのです。 


 「」の大きさは、巾1センチ長さは写真のように一円玉と同じ2センチ
 箱に10個入って120円(税抜)
 その箱に入った姿が、最強にかわいい!!!
f:id:a31017:20170315143132j:plain
 ちっちゃいのに、めちゃくちゃデキるヤツなのです。