滋味日日・・いいこと ”お福わけ”

”おもしろい”のカタチ

糸魚川紋様石vol.37「鶴 そしてフロントライン」軌跡が生む奇石という奇跡

f:id:a31017:20210710204112j:plain
糸魚川紋様石37 鶴

糸魚川紋様石
石が描く世界は すれすれ
【鶴 そしてフロントライン】
 「カツオドリ」上下反転して「セクメト」の紋様石。
 ”こんなに見えた!” は、
まだ ”これだけしか見えていない”。
 90度まわすと「鶴」の紋様。

 カツオドリのくちばしの下が、鶴の首。鶴のくちばしから長い首にかけて、亀裂が入っていて(写真を拡大すると見える)、そこに沿って地中で熱水が染込み、鉄分が紋様を描き出したのでしょう。


 ところで、石にできた ”茶色い鉄分の紋様”。
 これは、つまりフロントライン。”前線”、”最前線”。

 この石の紋様は、いわゆる「前線」だということに気付いていますか?
 たとえば火山が噴火して溶岩が流れ出たとき、溶岩が地表を流れに流れて、どこかで冷えて固まり止まる。
 おなじように、この石がまだ地中の大きな岩盤だった時、地下深くからから、「マグマで熱せられた地下水」や「マグマから発せられた水蒸気」といった「熱水」が、岩盤に染み込みながら上昇してきて、まさに、この紋様の、このラインまで上昇してきて”止まった”ラインなのです。

 ”ここまできて止まった!”
 手のひらに乗る小さな石に、マグマがたぎりうねる地中の壮大な活動の軌跡が刻まれている・・・それを感じると、わくわく、どきどきするのです。
 カツオドリセクメト、鶴・・・いえいえ、
茶色い線が記しているのは、数千万年前に地中で上昇してきた熱水が、「ここまできて止まった」ということ。・・・ここまで ”見えて” いた?


 糸魚川ラベンダービーチで拾ったまま、描いても削っても磨いてもいない無加工の自然の紋様石(奇石)。
 地球の歴史が記された糸魚川紋様石(奇石)。
 それは”奇石”という名の”奇跡”だから・・・

 ラベンダービーチを埋め尽”くす何億・何十億個の小石に、こんな模様・紋様が隠れている。
 地球が何かを意図してつくり出した紋様石じゃないから、”何”を見つけ出すかは、”その人次第”
 ”あなた”が見い出した模様・紋様には、きっと”あなた”があらわれている。探す人が多ければ多いほど、たくさんの模様・紋様が見つかるから、みんなで探したらもっと楽しい

糸魚川紋様石】
 糸魚川フォッサマグナで有名です。日本で、世界で、有数の地殻変動がさかんなところだから、海岸を埋め尽くす小石の多くに個性的な模様や紋様があります。紋様をつくり出したのは、火山噴火や地殻変動やマグマや熱水の上昇と、何千万年という長い時間。つまり小石の模様は、地球の息づかいの痕跡地球の歴史
 石の模様・紋様から、これができたプロセス(過程)をさかのぼって推理する地理・地学はワクワクする

【石を拾った場所】
 新潟県糸魚川市えちごトキめき鉄道青梅駅」から1㎞のラベンダービーチ。ラベンダー色の翡翠が拾えるので、こんなロマンチックな名前がついています。駅と海岸の間にセブンイレブンがあって、海岸横に海岸利用者用の公衆トイレもあるので、安心して海岸散策と石拾いができます。
糸魚川紋様石をさがすには】
 鉱物の知識や、山登り・秘境探検のスキルがなくても大丈夫。
 必要なスキルはたった一つだけ。それは見立てにとどまらない想像力”。 必要なスキルは ”想像力” だけ
【by tamatama7373(たまたまなみなみ)】
 ブログ左のカテゴリーにある「偶偶石(たまたまいし)」「偶偶絵石(たまたまえいし)」もすべて糸魚川紋様石です。