滋味日日・・よく食べることはよく育むことだから

食べものにていねいにむきあうと、食べものは思わぬ底力をみせてくれるものです。驚かされて、感謝して・・・そういうところに ”滋味” は育まれて・・・

パンダ手ぬぐいの使い方。ファブリックパネルの作り方

f:id:a31017:20170817145055j:plain
 パンダファブリックパネルを作ります。
 手ぬぐい切らずに紙箱の中にたたみこむだけの簡単な作り方です。
 材料紙箱と手ぬぐいだけ
 手ぬぐいと、外箱と内箱でファブリックパネルを作ります
f:id:a31017:20170817144134j:plain
 こんなふうに、表に出したい手ぬぐいの柄の上に上箱を置いたら、残るところをたたんで入れて、フタをするだけ。
f:id:a31017:20170817145748j:plain
 箱のすみたたみにくかったら、こんなふうにセロテープでとめます
f:id:a31017:20170817145905j:plain
 内箱をはめると、すみだって、こんなにきれいになりますよ。
f:id:a31017:20170817150121j:plain
 紙箱だから、うらに三角の穴を開けたら、壁にちいさな画びょうを差し込むだけで、壁にフィットさせて飾れます。
f:id:a31017:20170817145506j:plain
 とってもスマートに飾れてイイ感じ!!
f:id:a31017:20170817145432j:plain
 紙箱は、パッケージ用品売り場で、100円台で売っています。
 これを買ってきて折りたたんだだけ。家にあるナニカのカラ箱を利用したり、厚紙を切って自分で作ってもいいですよ。
f:id:a31017:20170817142320j:plain

 手ぬぐいを切らないし、紙箱からはずすだけだから、手ぬぐいも紙箱も、また使えます。
 パンダ手ぬぐいを取り替えるだけで、いつでも簡単に部屋の模様替えができるんです。
 ファブリックパネルは、とても効果的に部屋の雰囲気をかえられるインテリアのすぐれもの。

 好きな絵は、いつも見ていたいけど、額縁に入れるのは気分じゃないから、私はファブリックパネルにして飾ります。