滋味日日・・よく食べることはよく育むことだから

食べものにていねいにむきあうと、食べものは思わぬ底力をみせてくれるものです。驚かされて、感謝して・・・そういうところに ”滋味” は育まれて・・・

巣立ちにむけて野鳥のヒナは、たまに枝にとまってみる

f:id:a31017:20170424123553j:plain
 孵化して14日目のカワラヒワのヒナ
 相変わらずヒナたちは腹ペコでカメラにむかって大きく口をあけている。


 でも、きのうと大きくちがうことがある。
 写真の中央上の枝のうえ。


 大きなフンが3つ並んでいる。


 いままで、いつも親鳥が捨てていて、巣をきれいにしていたのでフンを見ることがありませんでした。
 もう親鳥がフンを捨ててくれなくなったのかな


 それに、枝にフンがならんでいるということはカワラヒワのヒナが、ときどきは枝にとまっているということなのかな
 見たときは、巣のなかにいつものようにぎゅうぎゅうに詰まっていたけれど、ひそかに枝にとまる練習をしていたのかな。


 野鳥の巣立ちの予兆がそここに

巣ができてから巣立つまでの37日間の全記録はこちらに
www.hanapanda.com