読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

滋味日日・・よく食べることはよく育むことだから

食べものにていねいにむきあうと、食べものは思わぬ底力をみせてくれるものです。驚かされて、感謝して・・・そういうところに ”滋味” は育まれて・・・

豚肩ロース こどもOKレベルのインドスパイシー きのうのはぶくッキング

f:id:a31017:20170308161312j:plain
 きのうのブログの”はぶくッキング
 材料をはぶいてプロセスをはぶいてどこまでそぎ落とせるか試しているのだけど、煮込んだお肉のブログ写真はどれも同じに見えて、自分でもこれはどんなだったっけと思いだせなくなるのです。
 見ための似ているお肉料理にはきのうのブログのようにチンゲン菜で作ったインコチンゲンサインコ”添えで断面写真も。
f:id:a31017:20170308162937j:plain


 きのうのお肉は、こどももOKなレベル最低量をさぐったので、全体的にこんなバランスになりました。
1.スパイススパーシーでなくなる最低限の量をさぐりました
2.こどもOK用に、辛み(カイエンペッパー)は限界まで少なく
3.  〃     苦みとクセのでやすいターメリックは少なめ
4.3なのでトマトの比率が結果として多め カレー味とトマト味の中間くらいなかんじ

【材料】
豚肩ロース肉(スーパーのお手軽肉) 700g
コリアンダー 小さじ1
クミン    小さじ1
カルダモン  小さじ1
ターメリック 小さじ1/2
カイエンペッパー 小さじ1/4
      適宜
酒(日本酒)  適宜
ベイリーフ   1枚
トマトペースト 18g・・カゴメのトマトペースト個装1袋が18gなので使い切りで

 作り方は、きのうのブログのとおり
 作ったばかりはお肉に味が浸み込んでいない薄味。翌日火にかけて中に火がとおったら保存。次の日も・・とやって3日目が写真の断面。中に味が浸み込んでいる。
 水を入れて長時間煮るのでなく水をまったく使わず、短時間の煮込みと保存することで味を浸み込ませています
 インド料理はお酒を使わないものだけど、だから何酒でということはなく、日本酒を使っています。

 きのうのブログ作り方はここに書いてあります。
www.hanapanda.com