読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

滋味日日・・よく食べることはよく育むことだから

食べものにていねいにむきあうと、食べものは思わぬ底力をみせてくれるものです。驚かされて、感謝して・・・そういうところに ”滋味” は育まれて・・・

はぶくッキング 豚肩ロースのインドスパイシー

f:id:a31017:20170308161820j:plain
 スパイシーなインド料理をうちで食べたい。


 だけど、市販のルーカレー粉は使わない。


 タマネギを長い時間炒めずに
 いっそ、タマネギを使わずに。
 ニンニクも使わずに。
 ショウガも使わずに。


 牛乳も使わずに。
 生クリームも使わずに。
 ココナッツミルクも使わずに。
 ココナツミルクパウダーも使わずに。


 も使わない。
 サラダ油オリーブオイルも使わずに。
 バターも使わずに。
 ギーも使わずに。
 だから、カシューナッツとかナッツ類のペーストも使わずに。


 どこまでも省くから、”はぶクッキング”。

 最低限の材料と、プロセスだけで作るんです。



 写真のスパイシーなお肉の材料はこれだけ。

 豚肉肩ロース
 ●コリアンダー
 ●クミン
 ●カルダモン
 ●ターメリック
 ●カイエンペッパー(チリペッパー)
 ベイリーフ
 トマトペースト
 
 ●


 作り方も、めざすのは最少プロセスはまったく入れません。


 ●をテフロン鍋のなかで混ぜて、切った豚肉肩ロースを混ぜて涼しいところで2時間おく。
 酒をまわしがけて、フタをして弱火~中火で肉の表面から1/3くらい白くなるまで蒸し煮。
 ベイリーフとトマトペーストを入れて、フタをして弱火で蒸し煮。ときどき肉をまぜたりひっくり返す
 水分がほとんどなくなったらできあがり。


 この写真のは、スパイスが最少量で子どももOKな分量なので、すぐ食べるにはかなり薄味です。
 その日は保存して、翌日また火にかけて保存、翌日また火にかけて保存。した作った日から数えて3日め以降(冬季なら)がおいしいのです。
 具体的な分量と作り方はここに
www.hanapanda.com
 シンプル=見ためが地味じゃないよ。チンゲン菜で作ったインコ、”チンゲンサインコ”添え。