読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

滋味日日・・よく食べることはよく育むことだから

食べものにていねいにむきあうと、食べものは思わぬ底力をみせてくれるものです。驚かされて、感謝して・・・そういうところに ”滋味” は育まれて・・・

節分豆は 品質でえらぶから”水掛け製法”の”鶴娘”

f:id:a31017:20170202161818j:plain
 節分豆まき
 豆まきするのは、いつもこれ!・・・とにかく、別格においしいんです

 大人可愛いパッケージ
 だけどだけど、パッケージ以上に品質がすごいんです。
 京都豆富本舗節分豆

すごいところ1. もちろん国産・・北海道の道南地方でとれた豆
すごいところ2. この豆は、鶴の子大豆最高級銘柄「鶴娘」
すごいところ3. 鶴娘のなかでも、わずかしか採れない「二分八厘の上」という特大サイズの豆を使用
すごいところ4.しかも新豆だけを使用
すごいところ5.昔ながらの「水掛け製法」で作っています・・・豆を水につけてやわらかくすると、豆の甘みが逃げてしまううえ、炒ったときに芯が残ってしまうのです水掛け製法は、水に浸さず、四日間もの間、水を何回もかけてゆっくりやわらかくしていく製法です。そうすることで、豆のうまみが増していくのです
すごいところ6.こうしてじっくり熟ませた大豆を炎をころした弱火でゆっくり炒りあげて中まで甘みのある節分豆に仕上げているのです

 これくらい気合の入った豆だから、「魔目を射る」・・・炒り豆で鬼を撃退して、春を呼び込む豆まきの効果が出る気がします。

 なんといっても、この豆、とってもおいしいのです。
f:id:a31017:20170202162104j:plain
f:id:a31017:20170202162245j:plain
f:id:a31017:20170202162538j:plain
f:id:a31017:20170202162752j:plain
f:id:a31017:20170202144206j:plain
一袋に、三角袋が27袋入っていて、三角袋ひとつに豆が6粒入っているんです。
f:id:a31017:20170202144624j:plain
 明治41年創業の京都の豆富本舗
 節分豆も製法もHPにでています。
豆富本舗節分豆の製法| 豆富本舗