滋味日日・・よく食べることはよく育むことだから

食べものにていねいにむきあうと、食べものは思わぬ底力をみせてくれるものです。驚かされて、感謝して・・・そういうところに ”滋味” は育まれて・・・

ホボトリゾット・・鶏肉:大根:発芽玄米を4:4:1

f:id:a31017:20170119131300j:plain
 体をあたためるならほぼ鶏肉リゾット・・ホボトリゾット
 鶏肉200g:大根200g:発芽玄米50gで4:4:1。
 これでお茶碗2杯分
 いいところずくめリゾットです。
いいところ1・・グルテンフリーだし、いわゆる”ゆるやかな糖質制限”だし。
いいところ2・・ショウガが入って、鶏肉と大根と体をあたためる食材づくし
いいところ3・・大根と発芽玄米と食物繊維が豊富
いいところ4・・無洗米の発芽玄米を使ってお鍋ひとつで簡単調理 
いいところ5・・作った時はたまたま鶏のモモの挽肉しか売っていなかったのだけれど、鶏胸肉を使えば体の代謝UP効果
つくり方
1.大根をお米の2倍くらいの大きさのみじん切りに。ショウガは細かいみじん切りに。
2.鶏挽肉胡椒をふって10分おく。中に練り込む必要はない。買ってきたパックの塊のまま、その上からふればよい。
3.フタつきテフロン鍋にオリーブオイルをひいてあたため、1のショウガを弱火で炒める
4.ショウガのいい香りがしたら、鶏肉を入れる、鶏肉を崩しながら弱めの火で炒め、鶏肉の表面が白く変わったら、日本酒をふってフタをして弱火で酒蒸しする。
5.鶏挽肉がふっくらとふくらんでいい香りになったら、大根塩少々(最後に塩を入れるので、ここでは最終量の1/3くらいの量にとどめる)を入れて弱火で煮る。
6.沸騰して大根の水分がでて鍋の水量が増えたら発芽玄米(無洗米なのでそのまま入れてフタをして弱火で煮る。
7.途中鍋をゆらしたり、ときどきかきまぜる。水分が足りないようなら途中で足しても大丈夫
8.発芽玄米が食べごろのやわらかさ(お好みで)になったら、で味をととのえてできあがり
材料
鶏挽肉
(赤穂のあまじお天塩 あら塩 ㈱天塩)
コショウ(S&Bテーブルコショー)
大根
ショウガ
オリーブオイル
日本酒純米酒 朝日酒造)

発芽玄米(無洗米)(発芽玄米 ㈱小谷穀粉)