滋味日日・・よく食べることはよく育むことだから

食べものにていねいにむきあうと、食べものは思わぬ底力をみせてくれるものです。驚かされて、感謝して・・・そういうところに ”滋味” は育まれて・・・

豚の塩ワイン煮・・ヒレなら40分でホロホロ崩れる仕上がりに

f:id:a31017:20170115145716j:plain
 煮込み料理のために換気扇をまわしていると部屋が寒くなって困ります
 でも塊肉を煮込んでつくりおきストックしておくと便利です。

 短時間ほろほろと崩れるお肉を作るには、ヒレを使えばいいのです。

 豚の塩ワイン煮
 コショウをして、ワインニンニクセロリ蒸し煮してから煮るだけ

 このまま食べてもおいしいけれど、いろいろな料理を作るベースにできるよう、できるだけシンプルなものにします

【材料】
豚ヒレ肉
(赤穂のあまじお天塩 あら塩 ㈱天塩)
黒胡椒(ミル付きブラックペッパー S&B)
オリーブオイル
白ワイン(信州ナイアガラ/酸化防止剤無添加 ㈱アルプス)・・このワインは甘めでスィートな味わいだから、本当はもっときりりと辛口のものを使った方が大人の味付けになるでしょう
セロリ・・写真の真ん中にあるようなセロリの先端側の筋っぽくてサラダに不向きなところを少々使う感じです
ニンニク

【つくり方】
1.豚ヒレ肉を1センチの厚さに切り、黒胡椒をして10分おく
2.豚ヒレ肉がちょうど並ぶ大きさのフタつきテフロン鍋にオリーブオイルをひいてあたためる
3.豚ヒレ肉を入れ、表面の色が変わったらひっくり返して両面火を通す(焼き色がつくほど焼かない)
4.白ワイン少々、セロリニンニク(つぶして)を入れてフタをし、弱火で蒸し煮する。白ワインはなべ底が浸るほど入れない。蒸し煮するくらい
5.十分蒸し煮されたら、白ワイン(好みで加える)と少々を入れてフタをして弱火で肉がやわらかくなるまで煮る。1cm厚だったので、30分ですでにホロホロになりました。で味をととのえて火からおろす。