読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

滋味日日・・よく食べることはよく育むことだから

食べものにていねいにむきあうと、食べものは思わぬ底力をみせてくれるものです。驚かされて、感謝して・・・そういうところに ”滋味” は育まれて・・・

大根おろしコレクション) 酉 

f:id:a31017:20170108150847j:plain
 大根おろしで干支の 酉の足元を飾るざくざく黄金は、国産レモンの皮をおろしたもの


 お正月のごちそう疲れで、そろそろシンプルな食事が恋しいころ。
 でも、”シンプル”が”わびしい”食卓にならないよう、ちょっと心をそえるためにこんな遊びをくわえてみます

【材料】
大根
人参
黒ゴマ
国産レモン・・・あえて国産レモンというのは、農薬が少ないからというだけではありません。海外から長い船旅を経てやってくるレモンは、かなり早期に収穫されているため、実も皮も熟していない青臭さ、渋さ、苦さが目立ちます。これは収穫後いくら置いておいても熟しておいしくなるというものではありません。やはり、収穫するまでに、どれだけ熟すくらい木に実らせていられたかということが味を充実させるために重要かということです。国産レモンは輸入レモンと違って、熟す間際まで木になっているから、実も皮もうまみや甘みがちゃんと育っていて香りもまるいのです。農薬ということでなく、輸入レモンより熟しているという視点で、国産レモンと輸入レモンをくらべてみてください

【つくり方】
1.人参を酉のとさかとくちばしの形に切る
2.国産レモンの皮をよく洗っておろす
3.大根をおろして、ボウルにザルを重ねたうえにおく
4.3でザルに残った大根おろしの汁気を軽く切って酉の形をつくる
5.器に4をのせて、1を付け、黒ゴマで目を付け、2を添える