読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

滋味日日・・よく食べることはよく育むことだから

食べものにていねいにむきあうと、食べものは思わぬ底力をみせてくれるものです。驚かされて、感謝して・・・そういうところに ”滋味” は育まれて・・・

白鳥のたんぼ

f:id:a31017:20161227115455j:plain
 12月28日は官公庁の仕事納め。
 行きかう車も増えて、どこもここもせわしなくなってきました。

 車を走らせる道路脇の田んぼには白鳥

 ロシア東部や極東部からはるばる飛んできて、コシヒカリの落ち穂でお食事中ですね。


 日本にやってくる渡り鳥の数は、
いくつかの調査地で数えられていて、
環境省のHPで公開されています


 鳥の種類ごとに、何千という数を多分人力で数えて、
HPにエクセルの表で公開しているのですが、いかんせん、”集計”されていないので、一覧で数が把握できないのが残念です・・・むしろそっちが見たいのだけど。


 鳥インフルエンザが深刻だけど、たとえば、昨冬、日本に飛来したオオハクチョウの数は、調査地の集計数だけでも56,261羽もいるのです。


 茶色い田んぼに点々と白鳥がたたずんでいる姿は、上越新幹線の車窓からも見られます。
 でも、よもや田んぼに白鳥がいるなんて思わない首都圏からの乗客は、白い肥料袋が置かれていると思って見過ごしてしまうのです。もちろん、なかには本当の肥料袋もあります。


 上越新幹線新潟駅に向かう時、乗り合わせたちいさい子どもに、「あれは白鳥だよ」とおしえてあげると、夢中になって白鳥探しをはじめます。


 今晩は雪の予報。
 一面白くなったら、白鳥探しもおあずけです。


 そして、酉年まで、あと4日。