滋味日日・・よく食べることはよく育むことだから

食べものにていねいにむきあうと、食べものは思わぬ底力をみせてくれるものです。驚かされて、感謝して・・・そういうところに ”滋味” は育まれて・・・

パラオのトナカイは・・・

f:id:a31017:20161224131609j:plain
 パラオ共和国で1993年に発行されたクリスマス切手(本物)です。

 ???
 ヤギの頭に樹の枝がついている!
 しかも、わら縄で!
 鈴をつけて!
 これ、トナカイの代わり!?

 日本の四国から、真南に3000㎞行った赤道近くにパラオ共和国はあります。
 日本の真南にあるから、日本と時差はありません。
 パラオの年間平均気温は28度。
 赤道近くなので年間を通じて気温差はほとんどありません。
 とても親日的な国で、パラオの国旗は日本の国旗をもとに、水色に黄色い丸が描かれています。

 赤道近くのクリスマスは、みんな半袖で花飾りを持って、きっとこんな感じなのですね・・・・なのでしょうか?

 本当にヤギに樹の枝のツノをつけてクリスマスを祝っているの??
 クリスマスになると思い出すミステリーなのです。

 国が発行する切手の図柄なのだから、ウソではないと思うのだけど、ほんとうに、ほんとうに、パラオのクリスマスは、こんなヤギのトナカイがあらわれるのでしょうか???


 パラオ共和国がアメリカから独立したのが1994年。
 この切手は1993年発行。
 だから、パラオの風習をちょっと曲解されているのかなぁ・・・なんて南国のクリスマスに想像をめぐらせます。


 ちなみに、サンタクロースが船で砂浜に乗りつけるなんて、空からやってくるより、ずっと現実的だなぁと思うのは、早合点です。


 船でサンタクロースがやってくることには、深い意味があります。
 これこそ、サンタクロースのルーツそのものを象徴的にあらわしている図柄なのです。


 サンタクロースのルーツは四世紀頃トルコで生まれた司教の聖ニコラウス(セント・ニコラウス)です。
 13,14世紀頃オランダで「ジンタ・クラース」と発音され、12月6日のジンタクラースの祝日に子どもたちにお小遣いなどが振舞われ祝われました。
 16世紀になると聖人の信仰が禁止されましたが、ジンタクラースの祝日はのこり、17世紀にアメリカに移住してきたオランダ人とともに”振舞い”や”贈り物”の風習は引き継がれました。
 やがてアメリカでこの風習は定着し、18世紀になるとアメリカの活字にサンタクロースの文字があらわれるようになるのです。

 セント・ニコラウスジンタ・クラースサンタ・クロース
というわけです。

 サンタクロースのルーツである聖ニコラウスは、海難事故から船乗りを守る守護聖人でもあります。
 (だから、海運国家のオランダで根強く信仰されてきたのでしょう)

 そんなわけで、このパラオの切手は、あながちパロディーとは言い切れず、実は忠実にモチーフを表現していたりするのです。

 だから、樹の枝をつけたヤギのトナカイ・・・今日あたり、現地にはいるような気がします。
f:id:a31017:20161224131429j:plain