滋味日日・・よく食べることはよく育むことだから

食べものにていねいにむきあうと、食べものは思わぬ底力をみせてくれるものです。驚かされて、感謝して・・・そういうところに ”滋味” は育まれて・・・

ペッパーしらす SOK (グルテンフリーにも

f:id:a31017:20161221124806j:plain
 買ってきた「しらす干」は、そのままでも十分おいしいのだけれど、one-up!

 よくあるテーブルコショーをたっぷり入れて炒めるだけで、別物のおいしさになるんです。
 

 山椒の実といっしょに炊いて”山椒ちりめん”にする山椒・・なんて常にはないけど、コショウは必ずあるでしょ

 そのまま食べると、まるで手のかかった一品のような深い味。
 サラダのトッピング、あつあつのご飯に・・・でもやっぱり、そのまま食べるのが一番オススメだから、”先付け”やオードブルの一品に。


【つくり方】
1.しらす干がちょうど広がるくらいの小さめのテフロン鍋にオリーブオイルをひいて熱する。
2.しらす干を入れて弱火で炒める。
3.途中、なんどかコショウをふりながら炒める。

  ポイントは、えっ、こんなに!というくらいコショウを多めにふりいれることです。
  パッパッと2、3振りではないのです。

  そうそう、パッと降るのはよくありません。
  スポットで一か所にかたまってしまいますから。

  ふりふりと粉を全体にふりかけるように横にふっていきます。
  上記3で最初にふるときに、しらす干しが広がった鍋一面にふりふりふりかけます。
  そのあとは、辛さをみながらお好みでふっていきます。

【材料】・・しらす干・オリーブオイル・コショウで、SOK
       しらす干の塩味をいかすので、塩は入れません。
オリーブオイル
コショウ(S&B テーブルコショー)
しらす干・・・前回のブログにのせた「しらす干」です。釜揚げをすこし干したもの。釜揚げそのままの「しらす」でなく、「ちりめんじゃこ」ほど乾燥させていないもの。
 参考までに炒めるまえの「しらす干」はこれ↓
f:id:a31017:20161223142312j:plain