滋味日日・・よく食べることはよく育むことだから

食べものにていねいにむきあうと、食べものは思わぬ底力をみせてくれるものです。驚かされて、感謝して・・・そういうところに ”滋味” は育まれて・・・

しらす しらす干 ちりめんじゃこ

f:id:a31017:20161223142445j:plain
 最近のお気に入りは近くのスーパーにおいてある丸半堀江商店の「しらす干」
 原材料は「かたくちいわし(遠州灘産)・食塩」

 パッケージの表には「瀬戸のあらじお使用」と書かれています

 レアでちょっと水っぽい「しらす」でなく、乾いてかためで噛みごたえのある「ちりめんじゃこ」でもなく、そのまんなか。
 ほどよく乾いていて、味も凝縮されて風味がでていて、それでいてかたすぎない、ちょうどいいのがこの「しらす干」。

 とはいえ、しらす・しらす干・ちりめんじゃこ の区別はいまひとつよくわかりません。


 魚の稚魚を
 ゆでて釜揚げしたものを「しらす」、
 それをやや干したものが「しらす干」、
 もっと干して乾燥させたものが「ちりめんじゃこ」
・・・という説もあれば、


 魚の稚魚のことを、カタクチイワシだけでなく全般的に「シラス」というけれど、
 「しらす干」は”カタクチイワシの稚魚”を釜茹でして干したもの・・・というように、「しらす干」はカタクチイワシ限定という説があったり、


 「しらす干」を関西ではちりめんじゃこという・・・・という説まであって


 実際にお店に並んでいる他の「しらす干」の原材料表示を見ると
「カタクチイワシ類の稚魚」・・・と”類”なんてぼかしてあるものもあったりして???

 それなので、実際のところよくわからないので、上の写真のしらす干を写真で。
f:id:a31017:20161223142312j:plain
 私のお気に入りは、このコンディションです。