滋味日日・・よく食べることはよく育むことだから

食べものにていねいにむきあうと、食べものは思わぬ底力をみせてくれるものです。驚かされて、感謝して・・・そういうところに ”滋味” は育まれて・・・

日日の景色

佐渡金銀山 今年こそ世界遺産の国内推薦候補になりますように

7月26日海のむこうに佐渡島。 こんなにスッキリと島の全景を見ることができるなんてめずらしい! 7月31日に世界遺産の国内推薦候補が決定されます。 「佐渡金銀山」今回こそ、候補に決定されますように!!!www.hanapanda.com

海をおよぐよ 鯉のぼり

青い空を泳ぐ鯉のぼりもいいけれど、 青い海の上を泳ぐ鯉のぼりの姿は、清々しくて見ているだけで気持ちいい。 今年も元気に泳いでいました。 毎年、GWになると新潟県の能生海水浴場の弁天岩に鯉のぼりがはためきます。 鯉もびっくり、海も泳ぐよ鯉のぼり…

GWにチューリップ満開

うちの駐車場わきの花壇のチューリップはGWの今が満開。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

再び春の嵐。 満開の桜は、”散りはじめ”に

北陸地方は、きょう再び春の嵐。 強風が吹き荒れて、うちから庭越しにながめる裏の公園の桜も、「満開」から「散りはじめ」になりました。 うちの玄関の鉢植えに巣作りしたカワラヒワは、この裏庭でエサを調達して、うちの脇をぐるりとまわって玄関前の巣に…

いまどきの小鳥の巣は化繊中綿製

これ、だれの家? 玄関扉のすぐまえに置いたゴールドクレストをかきわけたら、こんなに立派な小鳥の巣! いつの間に!! 冬の寒さで茶色く枯れた葉をとりのぞこうとゴールドクレストをかき分けたら、こんなのが出てきました。 今朝、ひさしぶりに晴れて陽が…

上越新幹線に乗ったら白鳥をさがしてみてください

右側の高架橋が上越新幹線。 この写真の真ん中から左奥にかけて点々とみえる白いのが、み~んな白鳥です。俯瞰して撮ったのでちいさくなったけど、昨日とおとといのブログ写真と同じときのものです。 田んぼに落ち穂を食べに来るのです。 落ち穂・・と言って…

新幹線E2系”とき” を見送った白鳥は、ハクチョウ?コハクチョウ?

白鳥。白くて大きくて首が長ければ白鳥と思っていました。 ところが 白鳥には種類がありました。 ハクチョウによく似ているコハクチョウがいます。 新幹線E2系ときを見送っているのはどちら? 違いは、ハクチョウの方が、大型で、首が長くて、くちばしの黄…

白鳥が見送る ”とき”  新幹線E2系

白鳥が上越新幹線E2系「とき」を見送っています。 ということは、上越新幹線からも白鳥が見えていますね。 2017年2月28日の日テレニュース24で「新潟の白鳥がシベリアに帰る”北帰行”がはじまりました。北帰行は来月15日まで続きます」と言っていました。 こ…

チューリップメール

きょう、チューリップのメールがきました。 タイトルは「もうすぐ春!チューリップ管理のポイント」 いまの時期、チューリップを乾燥させすぎてしまうことに要注意です。 いままで球根だったチューリップが、根を伸ばし、芽をだし、活動し始めます。 チュー…

赤いユキツバキに雪の

今冬は雪がすくなかったおかげで、春が早くくると喜んでいました。 弱弱しい早春の日ざしを、だいじにだいじに集めて、あたたまって、庭のユキツバキは赤い花をそろそろと咲かせはじめていました。 だけど、雪をさほど降らせることなく終えそうな冬は、かな…

「蜃気楼」の語源 「蜃」の意味は、ひな祭りのアノ食材

点は、やがてひとつの線でつながります。 9つ前のブログで、春のきざしを感じて魚津漁協を右折して立ち寄った海の駅「蜃気楼」。 3つ前のブログで、思いがけず見た「四角い夕日」 おととい3月3日のひな祭り・・・・ 共通するキーワードは「辰」でした。 …

このごろムーンロードの認知度に負けてるサンロードだけど、やっぱりきれいだった

ムーンロードといえば、波のない静かな海に、白くまばゆい月明かりがまっすぐのびている景色。 海のうえに、月まで続く光の道があらわれたようで幻想的です。 おなじように、太陽も、波がおだやかな海上に、赤く輝くひとすじの光の道をつくります。 ムーンロ…

蜃気楼の一種なんです  四角い太陽があらわれるのは

ひとつ前のブログに書いた、太陽の珍しい現象。 きのう撮影した夕日「四角い太陽」は、蜃気楼の一種です。 海水温であたためられた海上の空気のうえに、強い寒気による冷たい空気がふきこむと、 異なったふたつの空気の層ができます。 あたたかい空気と、つ…

”四角い太陽” 寒い今だから出会える珍現象

四角い太陽を見たことありますか? 私は写真集でしか見たことがありませんでした。 写真はきのう2017年2月24日17:30 新潟市の関分記念公園で。 日本海に沈む、四角い太陽!! 四角い夕日。 新潟の海でこの珍現象(?)を見ることができるとは思いませんでし…

かわいい漁協

車を走らせて、海岸線にでたT字路のつきあたりに建ってます。 かわいい漁協。 だけど、かわいいだけじゃない、この漁協の建物は、港のど真ん中に、この建物だけがスポンと建っているのです。 その存在感が、不思議かわいい感じです。 魚津漁業協同組合の本…

ちいさな歩道橋の 力強いメッセージ

ストレートなメッセージは、力があります。 思わず、はっとさせられます。 歩道橋の階段のぼるのって、しんどいですよね。 交差点の手前から道路を横切ってしまおう・・・なんて大人のなまけ心を見透かされたようで、恥ずかしい・・・ 力強いメッセージをは…

貴重なブルーモーメント(blue momento)で、パワーモーメント!?

きのうのブログにUPしたきのうの夕空。 一番星に心うばわれていたけれど、貴重なのは、蒼い空の方でした。 blue momento ブルーモーメントというそうです。 雲のまったくない空気のすんだ日の日没後、わずかな間だけ空が濃い蒼になる現象です。 まもなく暗…

きょうの一番星は -4.5等級の金星

きょう(1月26日)の一番星は、南西の空にあらわれた金星でした。 きょうの金星は-4.5等星。 一番星は、日が沈むころ、一番最初に見えた星のこと。 星にくわしくない私でもわかるのは、国立天文台の暦計算室のHPで検索したからです。 これすごいんです。…

チベットっぽい景色

こんな景色に出会ったとき、「あっ、チベットっぽい」と思ってしまいます。 チベットに行ったことはないのだけれど、写真集で見たチベットの景色とシンクロするのです。 どこがチベットっぽいと感じるのかと言うと、 手前がおだやかでありきたりのゆるい景色…

白鳥は哀しからずや・・の、哀しいのは何?

「白鳥(しらとり)は哀しからずや 空の青 海のあをにも 染まずただよふ」 歌人 若山牧水の代表作です。 この短歌を最初にうたったのは明治40年。その後早稲田大学卒業時の明治41年23歳の時に刊行した歌集「海の聲(こえ)」に収録されています。 この白鳥(…

カモメの背中

岸壁にうちよせる日本海の荒波。 生き物をよせつけない厳しい景色に見えるけど ズームすると・・・ 海面近く、羽をひろげて飛んでいる。 海の先に見えるのは、佐渡島。 背中が灰色で、尾が白いからウミネコではなくカモメの仲間というところまではわかった。…

波波波の日本海

海と空は、いつでも、どこを切り取っても絵になる。1月25日 冬の日本海。車で圧雪の市街地の道路を走るより、 雪のない海岸沿いの道路を走る方が 目的地に早く着く。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

二重富士のような光芒(こうぼう)・・どうして雲の形が二重に映っているの?

1月21日の夕日。 これ、ただの光芒(こうぼう)とちょっと違う。 二重富士のように、手前の雲の形が光の後ろ側にあらわれている。 ?????って、どうなっているの? 手前の大きな雲の裏側から陽の光が差し込んでいるのはわかるけれど、その光の後ろに手前…

魚を買いに行く前に、漁協のFacebookをチェックする

きょう1月20日の日本海。 波もなくおだやか。 近くの寺泊港では、きょうは出漁できたようです。 でもいくら波打ち際がおだやかでも、沖が荒れていることもあるそうです。 出漁したのか、休漁したのか、浜から見ているだけではわからないのです。 浜を見てい…

ヤフー天気の予報は暴風雪だけど

ヤフー天気では、きょうの長岡市は終日”暴風雪”で6時間ごとの降水確率も全部90%だけど、いま(お昼)の庭の写真。 買い物に出かけるには、雪焼けの方が心配だわ きのう70cmの雪のコサック帽をかぶった松は左側にあるのだけれど、あきらかにコサック帽…

積雪73センチで松の木は

長岡市の今朝9時の公式発表された積雪は73cm 庭の松の木は、おおきな白いコサック帽をかぶっていた 寒いけど、どこかあたたかそうな景色 ・・・そんなことは言っていられない。 これからまだまだ降るのだから・・・ (adsbygoogle = window.adsbygoogle …

どんど焼きに フェニックス降臨?

三連休に町内の小正月行事がありました。 新潟県で”さいの神”といわれる伝統行事です・・全国的には”どんど焼き”と言う方がわかるでしょうか。 本来は1月15日に行われていたのですが、今は三連休にあわせて行われます。 竹で組みワラをたくさん巻き付けた…

みんな持ってる”鳳凰の絵”

日本にいるほとんどの人(大人)が持っている”鳳凰の絵” そのモデルはこれです。(コンデジなのでこれ以上寄れなかった・・・) 親「お年玉は、いくら欲しい?」 子「京都の平等院鳳凰堂の、アレがいい!」 親「えっ?それでいいの?」 子「うん!それがいい…

鳳凰降臨? 仕事始めに見る空は

今日の景色。車を止めて一枚。 酉年は、なんでも鳥に見えるみたいです。 雲と雲間の陽の光が、 まるで、後光をあびて霊山の頂に鳳凰が舞い降りたように見えました 鳳凰はあらゆる鳥の王で、 吉事が起こる前兆としてあらわれるおめでたい鳥=瑞鳥です。 下の…

白鳥のたんぼ

12月28日は官公庁の仕事納め。 行きかう車も増えて、どこもここもせわしなくなってきました。 車を走らせる道路脇の田んぼには白鳥 ロシア東部や極東部からはるばる飛んできて、コシヒカリの落ち穂でお食事中ですね。 日本にやってくる渡り鳥の数は、 い…